ブラックの人におすすめのクレジットカード現金化

家賃や税金、携帯電話代の滞納だけでもブラックリストに載ることがあります。

そして、ブラックリストに載ってしまうと借り入れをすることができなくなります。

そのような人の助けとなるのがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは?

ブラックおすすめ現金化

一昔前は、クレジットカードは審査が厳しかったため、クレジットカードをもっている人はそれほど多くなかったものです。

しかし、最近ではクレジットカード会社も顧客獲得に積極的になっており、学生や専業主婦やフリーターでも簡単に作ることができるようになっています。

そんなクレジットカードですが、クレジットカードは主にショッピングのために使うものであり、たまにどうしても現金が必要となった時にキャッシング機能を使うくらいのものだと思っている人が多いでしょう。

しかし、当サイトでさまざまな角度から紹介しているとおり、クレジットカードはショッピングやキャッシングだけではなく、ショッピング枠から現金を得る「クレジットカード現金化」という利用方法もあります。

クレジットカード現金化の詳細な説明は他の記事を参照してもらうとして、ここではごく簡単な説明にとどめます。

クレジットカード現金化とは、クレジットカード現金化業者に依頼をし、提携業者などから商品を購入すると、その商品に対するキャッシュバックとして現金が得られるという方法です。

お金がない時には消費者金融などから借金することを考える人もいるでしょうが、クレジットカード現金化はショッピングに際しての金利しかかからないため、消費者金融からの借入よりも安い金利で現金を得ることもできます。

このほか、審査や担保も必要ないというメリットもあります。

審査や担保が必要ないというのが一番大きいメリットでしょう。

クレジットカード現金化のために必要となるのは、クレジットカードと、そのクレジットカードが本人の物であることを証明する本人確認書類だけです。

もちろん、ショッピング枠を現金化するため、利用するクレジットカードはショッピング枠に余裕がある事が求められます。

つまり、審査をすることなく、インターネット上のごく簡単な手続きによって、ショッピング枠によってはすぐに数十万の現金を手に入れることもできます。

この利便性が注目され、最近になってクレジットカード現金化に注目が集まっています。

クレジットカード現金化にはいくつかの手段がありますが、ここではインターネットで営業しているクレジットカード現金化専門業者のことを指すものとします。

 

審査がないことの強み

ブラックおすすめ現金化

クレジットカード現金化の最大の利点は審査がないことです。

お金に困った人が消費者金融や銀行から借入をしようとした場合、必ず審査が行われます。

審査される項目はその人の信用情報にキズがないか(ブラックではないか)、年収はいくらか、家族構成はどうか、勤続年数はどれくらいかなどであり、細部にわたって審査が行われます。

ブラックであったり、年収が低い(あるいは無職で年収がない)などであれば、まず借りることはできません。

このことから、審査がないという事がどれほど大きなメリットかわかると思います。

特に、ブラックリストに載っている人にとってはメリットが大きいでしょう。

ブラックリストに対する甘い考え方を持っている人がおり、そのような人は借金やローンの返済が遅れたらブラックリストに載ると考えていますが、実際には家賃や税金や携帯電話の滞納だけでもブラックリストに載ることがあります。

実際に、筆者は携帯電話の滞納によって信用情報にキズがつき、アパートが契約できなかったというケースを知っていますし、筆者の兄は税金の支払いをうっかり忘れていたことで、家のリフォームの際にローンを組むことができませんでした。

つまり、うっかり忘れによってブラックリストに載ってしまうこともあり、そのような人は借入をすることができなくなります。

そのような人の助けとなるのがクレジットカードです。

確かに、クレジットカードを新規に作ろうと思った場合、その人がすでにブラックであったならばクレジットカードを作ることはできません。

しかし、ブラックではない時にクレジットカードを作っているのであれば、ブラックになったからと言って途中から利用が停止されるようなことはありません。

したがって、ブラックの人でもショッピングやキャッシングにクレジットカードを利用することができます。

そして、クレジットカード現金化はクレジットカードが使える人ならば誰でも利用できるサービスです。

すでにブラックリストに載っていたとしても、現金化の際には審査が行われることがないため、なんの影響もないのです。

※もっとも、お金に困って多重債務に陥るなどして返済困難になりブラックリストに載った人は、クレジットカード現金化はあまりお勧めしません。

なぜならば、クレジットカード現金化をした場合には、クレジットカード会社に対して利用額分の返済をしなければならず、多重債務に拍車がかかるからです。

しかし、それでもどうしても現金が必要という場面もあるため、そのときには是非利用してください。

 

ブラックリストとは?

ブラックおすすめ現金化

せっかくの機会ですから、ここでブラックリストについて勉強しておくと良いでしょう。

クレジットカードを作る時、銀行や消費者金融に融資を希望する時、必ず信用情報を参照します。

信用情報とは、信用度を判断するための情報であり、シー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)という機関が存在します。

クレジットカードを作る、キャッシングをする、ローンを組むなどした時には、必ずこれらのいずれかの信用情報機関に記録されます。

そして、新規の融資の申請やクレジットカードの申し込みがあった場合には、信用情報を参照して支払い能力などを調べて審査しているのです。

信用情報の支払い状況に「異動」と記録されることがありますが、これは支払いに対して遅延や延滞などのイレギュラーな事態が生じたことの記録であり、これが俗に言うブラックリストです。

61日以上または3ヶ月以上の延滞によって異動扱いになるとされていますが、実際のところは闇に包まれておりよくわかりません。

少しの遅延でブラック入りしてしまったという声も聞きます。

そして、ブラックリストに載ったならば最低でも5年間は記録が残ります。

ちなみに、任意整理や自己破産などの債務整理をした場合にも、当然ながらブラックリストに載ります。

ブラックリストに載った場合でも、クレジットカード現金化ならば利用することができます。

これは、上記の通りブラックリストに乗ってもクレジットカードには制限がかけられないということです。

しかし、クレジットカード現金化をし、その返済に遅れた場合は話が別です。

まず、クレジットカードの利用停止となります。

普段から利用しない人はそれほど不便には感じないものですが、携帯料金や公共料金の支払いをクレジットカード払いにしていたり、色々なことにクレジットカードを利用している人はかなり不便な思いをすることになります。

また、支払いを長期に延滞しておくと、仮にブラックでなかった人もブラックになってしまいます。

信用履歴には異動と記録され、5年間は記録が残ります。

不便だから他の会社でクレジットカードを作ろうと思っても、もう作ることはできません。

ブラックリストに載った場合にはどうすればいいのかということですが、これは早期に完済するほかありません。

もし支払日に少し遅れてしまったことで一時利用停止になっているだけならば、すぐに支払えば利用再開となりブラックリストに載ることもありません。

また、一時的なブラックを返済によって取り消した場合にも、それはクレジットカードの利用が再開されただけのことであり、一時的な滞納をしたという履歴は信用情報に残ってしまい、悪い印象を与えます。

これを解消するためには、積極的に(もちろん無理のない範囲内で)クレジットカードを利用するという方法があります。

クレジットカードの信用情報は支払い実績を積むと古いものから消えていくというシステムになっているため、クレジットカードをたくさん使えば、悪い情報を押しやることができます。

ショッピングする予定がなければ、定期的にクレジットカード現金化によって実績を作っていくというのもよい方法です。

しかし、多重債務などでどうしても返済が不可能であれば、金利が膨らんでいき、度重なる催促によってストレスをためないうちに債務整理することをお勧めします。

自己破産などで一度クリーンにしてしまい、記録が残っている間に生活を再建し、記録が消えたらまた新しい人生を歩むのです。

自己破産するにしても弁護士費用などが掛かりますから、そのお金をクレジットカード現金化で捻出するのが賢明だと思います。

最初のコメントをしよう

必須