クレジットカード現金化がキャッシングよりも断然便利なわけとは?

今すぐ現金が必要になったとき、多くの人は消費者金融からの借金を考えるでしょう。

しかし、即日審査はどこでも行いますが、即日融資はなかなかハードルが高いものです。

そんな時は、クレジットカードの現金化が便利ですよ。

貸金業者はお勧めできない!

現金化便利

今すぐ現金が必要になったとき、多くの人が考えるのは借金をすることであり、それも消費者金融からの借金を考えることが非常に多いことでしょう。

アコム、プロミス、アイフル、レイクといった業者が消費者金融の代表的な業者です。

これらの消費者金融業者は、「すぐに現金が欲しい」というニーズにこたえるために、即日審査・即日融資を売りにしています。

しかし、即日審査はどこでも行いますが、即日融資はなかなかハードルが高いものです。

なぜなら、即日審査の結果問題ないと判断された人にのみ即日融資が行われるからであり、短時間の審査で「貸し倒れしない」という確証が得られるということはかなりクリーンな属性(大手企業のサラリーマンである、公務員など)であることが求められます。

しかし、そのような非常に信用が高い人はそもそも申請するケースが少なく、お金に困って消費者金融に融資を申請する人の多くは、収入が低い傾向があるものです。

つまり、そのような人は即日審査を受けられても即日融資を受けられる可能性は高くなく、そこで借りられないとなれば街金融に依頼するほかありません。

街金融でもダメならば闇金融くらいしか貸してくれませんが、消費者金融よりは街金融の方が、街金融よりも闇金融の方がリスクは高くなります。

金利は高く、取立ては厳しくなります。

闇金融の借りやすさはピカイチです。

なぜならば、審査らしい審査はあまり行われないからです。

審査と言えば、取立てがきちんとできるように、つまり身柄をいつでも抑えるための情報だけを取得し、それ以外はあまり審査しません。

しかし、「トイチ(10日で1割)」などの超高金利での貸し付けとなり、一度借りたら最後です。

少額であっても返済困難になることもありますし、債務整理を弁護士に依頼しても、弁護士は闇金融までは対応しきれないということも珍しくありません。

そのため、いくらすぐにお金が欲しいからと言って、闇金融の利用は論外です。

闇金融はお金を貸していますが、金融商品取引業者の資格を持っていないことがほとんどです。

つまり違法な営業であり、その点からも危険なにおいを嗅ぎ取ることができます。

 

クレジットカード現金化は違法じゃないの?

現金化便利

闇金融もだめ、街金融も金利が高いためお勧めできず、消費者金融は即日融資が難しいとなればどうしたらよいのでしょうか。

これらの方法では審査の厳しさと金利の高さが問題となっているのですから、審査が甘く、金利が低い融資先を考えればよいわけです。

そんなうまい話があるのか?と思うかも知れませんが、クレジットカード現金化がそれに当たります。

クレジットカード現金化とは、簡単に言えばクレジットカードのショッピング枠を現金に換える方法です。

クレジットカード決済で業者指定の商品を購入し、その商品に対するキャッシュバックとして現金を受け取ることになります。

クレジットカード現金化は、その実態を知らない人や、一昔前の業態しか知らない人にとっては怪しさ満点の方法でしょう。

中には、闇金融とおなじくブラックな方法だと思っているかもしれません。

しかし、クレジットカード現金化は闇金融などとは全く異なる、非常にクリーンな方法なのです。

闇金融は上記の通り違法な営業をされており、一昔前のクレジットカード現金化も違法営業であったため、混同されているのかもしれません。

この誤解を避けるためには、一昔前のクレジットカード現金化業者と、最近のクレジットカード現金化業者の違いを知るのが良いでしょう。

クレジットカード現金化業者には大きく分けて二種類あり、一つが買い取り方式、一つがキャッシュバック方式によって運営されています。

 

買い取り方式

買い取り方式は、一昔前の運営方式です。

この方法では、現金化業者の店舗に言って「あれを買え、これを買え」と指示を受け、色々なお店を回って指示の品々をクレジットカード決済で購入し、それらを現金化業者に買い取ってもらうことで現金を得るという方法です。

この方法は、グレーな存在として昔から都心部や地方都市で営業していましたが、最近では違法性が問われてすっかり下火になっています。

クレジットカード決済で購入した物品は、その商品の代金をクレジットカード会社に完済するまで、所有権はクレジットカード会社にあります。

つまり、購入者は譲渡や転売を禁止されているのですが、それをしてしまうと「自分が所有権を持っていないものを譲渡・転売した」ということで「横領罪」に問われるのです。

もっとも、買い取り方式によって現金化したことで、利用者が逮捕されたことはありません。

クレジットカードで購入したものをプレゼント(譲渡)したことで横領罪に問われたという話は聞いたことがないですよね。

しかし、手引きをした業者からは逮捕者が出ています。

 

キャッシュバック方式

もう一つの運営方式がキャッシュバック方式です。

これは、インターネットが普及してから、インターネット上で営業する無店舗型の業者が利用するようになった方法であり、この方法に違法性は全くありません。

上でも軽く触れましたが、キャッシュバック方式とはクレジットカード現金化業者の指示する商品を購入し、その商品に対するキャッシュバックとして現金を得るという方法です。

つまり、10万円分の購入に対して88%のキャッシュバックというような形で現金を受け取ります。

このようなキャッシュバックはいたるところで行われています。

例えば家電量販店で「プロバイダー契約をすればこのパソコン(79,800円)が0円!(100%キャッシュバック)」というものや、携帯会社で「他社からお乗り換えのお客様には40,000円キャッシュバック!」というようなものはよく見かけるでしょう。

クレジットカード現金化業者の行うキャッシュバックもこれとなんら変わらないものです。

つまり、クレジットカード現金化ではショッピング枠を利用することとなります。

現金が得られるキャッシング枠と混同しているかもしれませんが、キャッシング枠とショッピング枠は性質の異なるものであり、現金化の際にはキャッシング枠は関係ありません。

むしろ、キャッシング枠があるならば、現金化うんぬんの前にそこからお金を借りるとよいだけの話です。

しかし、場合によってはショッピング枠を利用した現金化の方が良い場合もあります。

なぜならば、キャッシング枠は好きなときにお金を引き出せる反面、

  • キャッシングからの借入は一括返済しかできない
  • ショッピング枠の利用よりも高い金利が設定されている

などのデメリットがあります。

もちろん、現金化業者で10万円を85%の還元率で利用した場合には15,000円を手数料として業者に支払うため、金利が少々高いからと言ってキャッシングの方がお得でしょう。

一括返済できるならば、キャッシングの方がメリットは大きいです。

したがって、クレジットカード現金化を推奨するためにキャッシング枠からの借り入れを貶めているような情報サイトもありますが、キャッシングの方がメリットが大きい場合もあるので、よく考えて利用してください。

しかし、無視できないデメリットは

”信用情報機関に記録される”

という事です。

キャッシングを度々利用している履歴が信用情報機関に記録されるのは好ましいことではありません。

慢性的な金欠であるという印象を与えかねないからです。

もちろん、滞りなく返済できれば大した問題にはなりませんし信用情報にとってプラスになりますが、もし返済が滞れば信用情報にキズが付くことになり、住宅ローンや自動車ローンが通らなくなってしまいます。

簡単に考えるならば、キャッシングをしてきちんと返済すれば+1点、返済が遅れれば-10点というイメージです。

もちろん、-10点では済まないかもしれませんが、信用情報機関がどのように情報を管理しているかについては知られていない点が多いため、詳しいことには言及できません。

 

クレジットカード現金化は業者に頼もう

現金化便利

以上のような理由から、クレジットカード現金化を利用した方がメリットが大きい場面は多々あります。

キャッシングよりも利便性が高いシーンもたくさんあります。

また、クレジットカード現金化についてよく知らない人にとっては、クレジットカードのショッピング枠はお買い物のための機能でしかありませんが、そのショッピング枠をお金に変えられる方法を知っておくのはプラスになるでしょう。

中には、クレジットカードのショッピング枠を現金化できると知った時に、業者に通すのは不安だからと自分で現金化しようとする人がいます。

金券やブランド品などをクレジットカードで購入し、ショップに売れば業者を頼ることなく現金を得ることができるのです。

違法になるとは言えども、上記の通り逮捕者はいないらしいから大丈夫だろうと考えるのでしょう。

しかし、この方法はお勧めできません。

理由は単純で、自分で現金化をした場合、業者で現金化する時よりも得られるお金が少なくなる可能性が非常に高いからです。

まず、転売した時に高く売れるものを知るためには詳細な調査が必要であり、時間を取られます。

しかも、調査の結果たどり着いた商品が必ず高く売れるとは限らず、とてもうまくいっても8割程度にしかならず、ほとんどの人は6割程度、またはそれ以下のお金しか手にすることができないのです。

しかし、クレジットカード現金化を利用すれば、ほとんど時間をかけることなく、少なくとも85%以上の現金を手にすることができます。

還元率は利用額によって変動していきますが、多くの人が利用する10万円程度の現金化ならば85%程度が相場です。

クレジットカード現金化は、お金を借りる行為とは全く異なる「ショッピング行為」とみなされるため、信用情報にキズが付くことはありません(もちろん、利用した金額分をクレジットカード会社に返済する必要があり、返済が遅れれば信用情報にキズがつきます)。

 

クレジットカード現金化はなぜ審査がない?

現金化便利

では、ここからはクレジットカード現金化の仕組みを少し詳しく勉強していきましょう。

まず、冒頭で述べた通り、すぐにお金を借りたい人が貸金業者に借入を希望した時、最も障害となるのが審査です。

審査では、融資希望者の本人確認書類を受け取り、信用情報機関に照会して金融事故を起こしたことがないかを調べます。

このとき、信用情報にキズがついていれば審査には通りません。

このほかにも、勤務先に電話をかけて在籍情報を確認するなどの審査が行われます。

業者側としては貸し倒れは何としても避けたいため、審査は細かく行われます。

インターネットで消費者金融機関の情報を調べていると、「どこの審査が甘いか?」などといった情報が溢れていますが、それもひとえに審査に通らなかった、あるいは通らないのではないかと心配している人が多いからです。

「業者名+審査」などといったキーワードの検索回数が非常に多いことからも、そのことが分かります。

また、最近はホームページで簡易審査を行っている業者は多いですが、そこでは年収と借入希望額による簡易的な審査が行われるだけであり、そこで融資可能となっても結局本審査で落ちるという事が非常に多いです。

このように、審査はお金が欲しい人にとっての鬼門ともいうべきものですが、クレジットカード現金化は審査をせずにショッピング枠を現金に換えることができます。

仕組みはこれまでにも説明してきたとおりですが、クレジットカード現金化において、現金化業者は単にショッピング枠の現金化するサービスを行っているだけです。

このサービスを利用してもらうことで手数料を受け取っているのであり、審査をする必要はどこにもありません。

むしろ、審査の必要がない所で審査をしてしまえば、利用者が減ってしまい、手数料収入が減ってしまうため、業者にとってはデメリットしかありません。

審査がなくて当然なのです。

また、クレジットカード現金化では、クレジットカード決済の処理はクレジットカード会社によって行われ、利用者は利用額分をクレジットカード会社に返済していくことになります。

そのため、クレジットカード現金化業者はサービスを利用してもらうことで何のリスクもなく、これも審査がない理由です。

利用者としても、普通にお店でクレジットカードで買い物をするのと同じように現金化サービスを利用することができます。

唯一審査らしいことが行われるといえば、そのクレジットカードが本人の物であるかを確認するくらいのものです。

これは、クレジットカードは基本的に本人しか利用することができないため、他人のクレジットカードを現金化する手引きをしたとなると業者側にリスクが発生するためです。

しかし、ほとんどの人は当然ながら自分のクレジットカードで現金化をすることでしょうから、大きな障害にはなりません。

したがって必要な物は、

  • 本人名義のクレジットカード(ショッピング枠に余裕があること)
  • 本人確認書類(運転免許証、保険証、パスポートなど)
  • 連絡のための電話
  • 振込口座

となります。

これらがそろっていれば、クレジットカード現金化は利用することができます。

一つ目が最も大切で、他人のクレジットカードであったり、ショッピング枠を限度額いっぱいまで使っていたりすれば利用することはできません。

二つ目もすでに述べた通りです。

一般的な本人確認書類は運転免許証ですが、保険証やパスポートも利用することができます。

その他、公的に発行されている本人確認ができるものならば概ねOKです。

船員手帳や猟銃・空気銃所持認可証などの免許証のほか、外国人の方ならば在留カードや外国人登録証明書なども利用可能です。

三つ目も基本的なことでしょう。

電話連絡ができなければ利用の意思確認ができないため、クレジットカード決済まで進むことができず、結果的に利用することができません。

電話が苦手な人もいるかもしれませんが、この電話は確認程度の電話であるため、あまり気後れしなくて大丈夫です。

むしろ、電話対応ができなければ利用できないため、電話には出るようにしてください。

また、電話は携帯電話で問題ありません。

四つ目の口座ですが、銀行口座は一般の銀行やゆうちょで構いません。

しかし、ネットバンクを持っているのであればネットバンクがおすすめです。

ネットバンクならば24時間・365日利用可能であり、業者が土日祝日や夜間も営業しているならばいつでも振込対応を受けることができます。

冒頭の問題に戻りますが、いかに「即日審査・即日融資」とは言っても消費者金融ではその対応を受けられない可能性も高いものです。

しかし、クレジットカード現金化ならば、審査を受けずに即日で現金を受け取ることができます(もちろん、営業時間外ならばできません)。

初回の利用でも概ね30分~1時間で振り込まれますし、2回目以降ならば5~10分で振り込んでくれる業者もあります。

銀行や消費者金融からの融資などの従来の方法には、色々な障害があります。

審査が厳しかったり、保証人や担保が必要だったりといった具合にです。

それらをクリアした人しか融資を受けることができないため、本当にお金が必要な人にお金がいきわたらないジレンマがあります。

そこで、融資を受けられなかった人たちに対して、クレジットカード現金化が活きてきます。

今後も、クレジットカード現金化に対する誤解が少しずつ解けていき、多くの人が金銭的自由を得られることを願ってやみません。

最初のコメントをしよう

必須