【重要】クレジットカード現金化の審査について

緊急に現金を得る手段の一つとして、最近クレジットカード現金化がメジャーになりつつあります。

銀行や消費者金融から融資を受ける際は審査が必要ですが、クレジットカード現金化は審査がありません。

クレジットカード現金化が審査不要なわけ

現金化審査不要

クレジットカード現金化は、クレジットカード現金化業者を利用し、ショッピング枠を利用して業者指定の商品を購入すれば、その商品に対するキャッシュバックを受ける形で現金を得られる方法です。

クレジットカード現金化の際に必要となるのは自分名義のクレジットカードさえあれば問題なく利用することができます。

もちろん、前提としてクレジットカードを発行していることが条件となるため、その際には審査を受けることになります。

しかし、クレジットカードの審査は銀行や消費者金融から融資を受ける際の審査に比べると甘いことが多く、定職(正規雇用・非正規雇用を問わない)についており、安定した収入があり、過去に支払い関係でトラブルを起こしていない人であれば審査に通ることでしょう。

審査の際に最も足かせになりやすいのが信用情報であり、もし現在複数の金融機関から借金をしていたり、借金の返済に遅れたことがあったりすれば、クレジットカードを作れない可能性が高くなります。

したがって、クレジットカードは審査が甘いとはいえども誰もが利用できるものではなく、クレジットカード現金化も誰もが利用できる方法という事はできません。

しかし、クレジットカードさえ持っていればほとんど何も問題はありません。

クレジットカード現金化の際に確認されることと言えば、クレジットカードが本人名義の物であり、ショッピング枠が余っているかどうかということだけであり、審査はないに等しいのです。

審査といえなくもないという程度のものであり、この条件を満たせばすぐに契約することができます。

クレジットカード現金化はどうしてそれほど簡単に利用できるのでしょうか。

それは、クレジットカード現金化業者は貸金業者ではないからです。

消費者金融や銀行であれば、貸した人が返済しなければ損失がでるため、返済能力を厳しく審査します。

しかし、クレジットカード現金化業者は、クレジットカードを現金化するサービスを提供して手数料を取るという形態のビジネスです。

利用者側も、お金を借りるのではなく、クレジットカードで買い物をするのとほぼ変わらない利用となります。

上記の通り、クレジットカード現金化の際には、クレジットカードのショッピング枠を利用して業者指定の商品を購入するのですから、普通の買い物となんら変わらないのです。

普段クレジットカードを利用する時には、利用のたびに審査が行われることはありえず、何の問題もなく使うことができます。

せいぜい、クレジットカードを端末に通して認証したり、パスワードを入力したり、手書きのサインをしたりするだけです。

クレジットカード現金化もこれと変わらない、単なる買い物の延長なのです。

このように、業者はサービスを提供することによって確実に稼ぐことができるため、審査を行う必要がないのです。

それどころか、審査などすればリスクのない顧客を逃すこととなってしまうため、審査を行うはずがありません。

当然利用に際して信用情報が参照されることはないため、ブラックリストに載っている人や多重債務に陥っている人でも利用することができます。

もちろん、クレジットカードの支払いを滞納しているなどの理由から、クレジットカードが利用停止となっているならば、クレジットカード現金化を利用することもできなくなります。

審査が必要ないため、利用の際に用意するのは本人名義のクレジットカードと本人確認書類だけです。

確認が行われるのは名前、性別、メールアドレス、電話番号などであり、これは申し込みの際の入力フォームで入力します。

これに加え、運転免許証などで必要になる情報を提供します。

その際、必要な部分以外はテープなどで隠すこともできます。

このとき、もし審査が必要などと言われたならば、その業者は普通ではない、つまり悪質な業者である可能性が高くなるので注意が必要です。

悪質業者にはいくつかの手口がありますが、審査が必要として通常ならば必要ない書類を送ることを要求したり、入力フォームで必要以上の情報を求めることによって、個人情報を集めるという方法があります。

そして、その情報を利用して架空請求に利用したり、個人情報を他の悪質業者や詐欺業者に転売や横流しをすることもあります。

 

審査の通りやすいクレジットカード会社とは?

現金化審査不要

このように利便性の高いクレジットカード現金化は、人気が高まってきています。

今後、ますます人気は高くなることでしょう。

何しろ、金利は安く、審査がなく、手続は簡単で、すばやく振り込まれるのです。

まだまだ馴染みのない方法であることから誤解も生まれやすいのですが、時間と共に誤解は解消され、広まっていくと考えられます(クレジットカード会社が普通ではない利用方法であるとして、制限のための何らかの手段を取った場合には利用しにくくなる可能性もありますが、おそらくいたちごっこになり、現金化サービス自体がなくなることは考えにくいです)。

現在クレジットカードを持っていない人は、クレジットカードを作っておくことでいざと言う時の保険になると考えることができます。

そこで、ここでは審査に通りやすいクレジットカード会社を紹介しようと思います。

まず、定職についていて安定した収入があることと、信用情報に欠陥がないことを確認してください。

その条件を満たしていれば、クレジットカードは作れる可能性が高いです。

 

楽天カード

楽天カードは、クレジットカードとしては新しいものです。

CMやインターネット広告でも盛んに宣伝されているため、知名度は高いでしょう。

これは新規顧客獲得に力を入れていることの表れであり、審査も厳しくない可能性が高いです。

楽天カードのメリットは、楽天市場での買い物の際に楽天ポイントが付与されることです。

このほかにも色々な場面でポイントが付きますし、キャンペーンでつくポイントもあります。

楽天市場で買い物をする機会が多い人は、クレジットカード現金化のためとはいえ、楽天カードを作っておくと便利でしょう。

 

イオンカード

イオンカードもクレジットカードとしては新しいものです。

大手スーパーであるイオンのクレジットカードです。

グループ傘下のスーパーが多いため、様々なスーパーやで利用してポイントを貯めることができます。

このほか、特定の日にはポイントが2倍になったり、5%OFFになったりすることも多いです。

イオンカードも盛んに宣伝が行われているため、新規顧客の獲得に力を入れており、審査は甘い可能性が高いです。

 

セブンカード

セブンカードはイオンカードに類似する特徴を持つクレジットカードです。

しかし、経営状況を比較するとイオングループの方が優位に立っており、それだけに審査も通りやすいようです。

イオンはスーパーとして売上には伸び悩んでいるものの、スーパーとしてだけではなく多角化経営をしていることでバランスを保っているからです。

セブンイレブンと言えばコンビニ業界でナンバーワンのシェアを誇っています。

イオン系のコンビニはミニストップですが、コンビニとしてはセブンイレブンには到底及びません。

しかし、イオングループは既存のスーパーを多数吸収しており、広い範囲にネットワークを築いています。

 

JMBローソンPontaカード

これは、ローソンでPontaのポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

よくローソンを使う人にとっては利便性の高いクレジットカードです。

このカードはセゾンカードのなかの一つの種類として、Pontaポイントを貯めることに特化しているカードであるため、セゾンカードとして考えると良いでしょう。

セゾンカードは大学生でも作れるとして有名なカードです。

私も大学生のときにセゾンカードを作りました。

ポイントが貯まるのはローソンだけではなく、KFC、AOKI、ゲオ、ビッグカメラ、サカイ引越センター、日産レンタカーなど色々なジャンルがあります。

これらの施設をよく使う人にお勧めのクレジットカードです。

 

キャッシング系クレジットカード

これは、消費者金融が発行するクレジットカードです。

例えば、アコムが発行するACマスターカードです。

このカードは消費者金融が発行しているという事もあり、キャッシング枠が設けられています。

キャッシングカードにショッピング枠がついているというイメージの方が適切かもしれません。

ショッピング枠がついているため、クレジットカード現金化も可能です。

しかし、ショッピング枠の支払いがリボ払いのみなどといった設定になっていることもあり、金利は高くなります。

それでも、他のクレジットカードに比べて作りやすいという声がよく見られます。

色々なクレジットカード会社の審査に落ちた人でも作れたという話もあります。

そのため、クレジットカード会社の審査に落ちた人が最後に挑戦してみる価値はあるでしょう。

クレジットカード現金化の際にはクレジットカードが必要となるため、クレジットカードを持っていない人は、興味があればクレジットカードを作っておくと良いでしょう。

その際には上記のクレジットカードを検討してみてください。

最初のコメントをしよう

必須