クレジットカード現金化の体験談を読んで真実を知ろう

最近では、色々な人が色々な場面でクレジットカード現金化を利用しています。

しかし初めて利用する方にとっては未知の部分が多いのではないでしょうか。

そんな方のために、体験談をいくつかご紹介します。

体験談を読んでみよう

現金化体験談

あらゆるサービスは、浸透しているものであればネット上に体験談が転がっているものです。

しかし、クレジットカード現金化の体験談はそれほど浸透していないため、体験談はそれほど見られません。

しかし、まだ利用したことがない人にとってはクレジットカード現金化は未知の部分が多いため、体験談を読んでどのようなものかを調べてみたいと思う事でしょう。

まず言っておきますが、ネット上に転がっているクレジットカード現金化の体験談はほとんどが自作自演です。

利用していない人が、利用を促すために創作の体験談を掲載しているにすぎません。

もちろん、ブログ記事などでは創作ではないものが掲載されていることもよくありますが、それ以外はほとんどが創作です。

大体、1円にもならないにも関わらず、体験談をわざわざ書いてネット上にアップするというようなことをする人などそうそういないのです。

したがって、「当サイトに寄せられた体験談」という体で掲載されている体験談の多くは利用を促すためのでっちあげであるため、無視した方がよいでしょう。

体験談を募集したところで、どだい「寄せられた」という現象が起こることがあり得ないのです。

確かに、当サイトのようなサイトでは、サイトの性質上やはり体験談は集めたいものです。

しかし、創作では何の意味もありません。

ではどうやって体験談を集めるか。

一番良いのは報酬をだして体験談を買いとることです。

クラウドソーシングを利用して“仕事として”体験談を募集すれば、本物の体験談を容易に集めることができました。

ここでは、創作ではない体験談をいくつか紹介していきます(やはりまだクレジットカード現金化が浸透していないため、体験談を募ってもあまり多くは集まりませんでした)。

 

体験談1

現金化体験談

最初の体験談は20代男性からです。


「以前、クレジットカード現金化を利用したことがあります。

就職したばかりで給料もそれほど良くなかったため、付き合い始めたばかりの彼女とのデート代がどうしてもなかったのです。

温泉に行きたいという話になったのですが、そのときお金がなかったです。

それでも『お金がない』というのはかっこがつかないと思い、お金をどうにかして手に入れようと思いました。

でも、親や友達から借りるのも気が進みません。

デートのためですから。

消費者金融からお金を借りるという方法も思い浮かびましたが、そのようなところからお金を借りれば返済がきつくなりそうですし、社会人になりたてですから審査にも通らなさそうだと思いました。

他の方法を探してクレジット現金化にたどり着きました。

クレジットカードはスマホでアプリを買ったりするのに必要で作っていましたから、もう持っていて審査をうけなくてもいいので利用しました。

インターネットの情報ですぐにお金が手に入ると書かれていましたが、そのとおりで30分後くらいには振り込まれたと思います。

返済も回数が多く指定しているので全然きつくありません。」


この人は彼女とのデートのためにクレジットカード現金化を利用したとのことです。

給料日まで待てばよいのではと思いましたが、給料日まで待てないシチュエーションでお金を作るために利用した好例です。

 

体験談2

現金化体験談

次の体験談は40代のサラリーマン男性です。

この利用方法は私も「お?」と思いました。


「私は30代であることを きっかけに借金をしました。

借金というのは恐ろしいもので、本来は自分のお金ではないのに、カード一枚でお金が得られる状況になったことで、自分のお金をATMから引き出しているような感覚になってしまうんですね。

お金の管理ができないダメなやつといわれればそれまでなのですが、私もこのタイプで借金を増やしてしまいました。

最初は当然、必要に迫られて契約した一社からの借金以上の借金はしないつもりなのですが、その一社がいざ限度額に達してしまうと、お金が自由に引き出せる環境ではなくなって窮屈に感じたものです。

そこで、その一社に限度額の増額をお願いしたのですが、増額申請は審査に通らなかったので別の消費者金融から新たに借り入れを行いました。

気づけばアコム、レイク、プロミスからそれぞれ50万円ずつ借りていました。

各会社の最低返済額は毎月15000円であり、計45000円ですから毎月の生活も非常に厳しかったです。

妻にも借金がバレて大変でしたね。

離婚危機も体験しました。

全額返済した時の総額は非常に大きな金額になってしまうため、お先真っ暗という状態でした。

おまとめローンでまとめれば金利が安くなるため完済時の返済総額も安くなりますが、信用情報がボロボロだったのか(返済が期日から遅れたこともありました)審査に落ちました。

そんな時に、返済がきつくてネットで色々と調べている内に出会ったのがクレジットカード現金化です。

最初は胡散臭い方法だと思いました。

借金ができない奴がクレジットカード現金化するしか方法がなくなって利用するというイメージがありましたから、とことん堕ちたやつがやることだとも思っていました。

しかし、還元率を見てみると金額に応じてかなり高い設定になっています。

私が見ていた業者は100~200万円の利用で98%に設定されていました。

ここでピンときました。

クレジットカード現金化は審査がないので、これで借金をまとめればいいと思ったのです。

当時、借金はほぼ150万円全額残っていました。

還元率は98%ですから、153万円の現金化をすれば149万9400円になりますから、ほぼ完済できます。

問題なのは、消費者金融では一社あたり50万円の借金に対して18%の金利が掛かっていたのに対し、クレジットカードでまとめると153万円に対して約16%の金利がかかるため、月々の負担が大きくなるという事です。

今までの毎月の返済は45000円でしたが、クレジットカードでまとめれば75000円の支払いとなります。

しかし、消費者金融ならば毎月45000円を48ヶ月支払い続けるため総額としては216万円になりますが、現金化でまとめれば総額は180万円ほどになるためかなりお得になります。

ひとまず一本化し、気合を入れて24ヶ月支払い続け、2年間で更生しようと決心した私は、現金化に踏み切りました。

手続き自体は非常に簡単で、約150万円がすぐに振り込まれました。

そのお金で各消費者金融へはすぐに完済してしまい、クレジットカード会社に返済しています。

毎月の支払はきつくなりましたが最終的には得をしますから、精神的にかなり楽です。

4年間返済し続けるのではなくそれを圧縮して2年間で良くなったので、将来が少し明るくなりました。」


この使い方はアリだなと思いました。

最終的な返済額が安くなります。

金利が安くなるという点に関しては、借金の額が小さい人でも借換えという形での利用ができますね。

例えば金利18%で50万円の借金を負っていた場合、48回で返済するならば返済総額は72万円になりますが、現金化で借換えて24回で払えば約58万円です。

クレジットカードのショッピング枠のほうが金利が安いため、このような利用方法もあります。

 

体験談3

現金化体験談

次の体験談も社会人になりたての20代サラリーマンの体験談です。


「僕が社会人になって一年目、手取りの給料は15万円くらいだったのですが、友達がたくさん結婚していました。

大学時代の友達も地元の友達も、早く結婚した人が多かったんです。

結婚したら結婚式に呼んでくれてそれ自体は嬉しいのですが、ご祝儀が高いのが困ります。

披露宴ではお酒も飲むし、久しぶりに会う友達にも会えるし楽しいのですが、県外に就職して結婚した人の結婚式にいくには交通費もかかります。

それに、結婚式は3万円が相場ですから、交通費と合わせたら5万円を越えることもあります。

それだけではなく、結婚式では二次会、三次会にいくので終わるころには終電もありませんし、朝まで飲むかホテルに泊まるかしますから、そこでもお金がかかります。

5万円じゃとても収まりません。

毎月の給料は15万円ですから、そこから家賃、光熱費、携帯代、食費と出していくと、どう頑張っても3万円くらいしか残りません。

それを貯金していても、2か月分貯めても結婚式1回でなくなってしまいます。

新社会人に結婚式はかなり痛い出費なのです。

最初は卒業祝いから払ったり、親から借りたりしてまかなっていましたが、入社した年に3回の結婚式があり、3回目ではとてもお金がありませんでした。

貯金はないし、親から借りるのも難しいし、かといって借金するわけにもいきません。

クレジットカードのキャッシング枠はすでに使っていました。

大学時代の仲のいい友達なので断ろうとも思えません。

家にあったゲームと漫画を売っても1万円くらいにしかなりませんでした。

うまい方法はないものかとスマホで色々調べてみたところ、クレジットカード現金化を知りました。

危ないとか詐欺に遭うとか言っている人もいるので、心配でとりあえず電話してみました。

クレジットカード現金化と検索して一番上に出てきた業者でした。

電話の対応はビジネスマン風(?)の男性で、色々きいたところ丁寧に教えてくれました。

希望額を聞かれたので10万円というと、10万円の現金化ならば還元率85%なので8万5000円の振り込みになると聞きました。

1万5000円の損になるので少し悩み、一旦電話を切りました。

しかし、他の方法はないのだし、クレジットカードを作ってからショッピングでは一回も使ったことがなかったので今回だけ良いだろうと思って現金化をしました。

指示に従って入力し、商品を決済し、1時間くらいで口座に振り込まれました。

きちんと8万5000円が振り込まれました。

それで結婚式に行くことができましたが、本来ならばあまりいいことだとは思っていません。

現金化といえば借金ではないような気がしてしまいますが、結局は借金ですからね。

しかし、節約してお金を貯めることの大切さも知れたので、借金もしてみるものです。

それからは節約して毎月4~5万円貯金するようにしています。」


私の友人も就職氷河期に就職したことで、手取り15万円やそれ以下という人が多かったので他人事とは思えませんでした。

たしかに、収入が少ない人にとってはご祝儀は非常にきつい出費になるでしょう。

私ならば、借金を作るくらいならば結婚式に行くことを諦めますが、現金化をすることでご祝儀を作っているという人は少なくない様です。

 

体験談4

現金化体験談

最後の体験談は私の友人のものです。

インタビューしたものを私がテープ起こししました。


友人「今のビジネス(輸入販売事業)が軌道に乗って良かったよ。

あの時(クレジットカード現金化した当時)は仕事もしてなかったからね。

消費者金融とか銀行から事業資金を借りられない」

「ああ、自動車パーツ販売ね。中国だったっけ?」

友人「そう。中国からの輸入」

「どうなの?ぶっちゃけお金になるの?」

友人「もうすごいよ。原価が100ドルで輸送費が毎回数万円。

輸送費はその時の取引量に応じて変わるけどね。

取引先がドルで欲しがるから円をドルに換えてウエスタンユニオンで振り込むんだけど、今はドル120円だから原価は1200円。

輸送費は1個あたりで換算すると100円くらいかな。

客への郵送費は個数によって変わるけど高くても1000円、多くの場合はそれ以下。

これが売ると3000円くらいになる。

オークションで転売してるから、値段が吊り上がると5000円くらいになるよ」

「すごいね。で、その元手を現金化したと」

友人「普通は原価1500円なんだけど、100万円の仕入れなら1200円まで下げてくれるっていうから、どうしても100万円から始めたかったの。

でも、100万円なんて仕事してないしどこも貸してくれないでしょ。

貯金もそんなにあったわけじゃないから、100万円をどうしても作らないといけなかったの。

売れるものがあるわけじゃないし、持ってるものと言えばクレジットカードくらい」

「どうやって現金化を知ったの?」

友人「どうって、昔からあるじゃん。

でも、ネットで現金化っていうんじゃなくて、家電とかを転売して現金化っていうのしか知らなかった。

ミナミの帝王とかでよくあるじゃん。あの感じ」

「あるね(笑)でもあれじゃ100万作るのは大変」

友人「そうね。だから最初は少しでも多くの現金を手に入れるためにはどうしたらいいかって色々調べてたんだよ。

そしたらクレジットカード現金化業者の存在を知ったの」

「怪しいとか思わなかったの?」

友人「そりゃ少しは思うけどさ、電話して色々聞いてみたらどうってことなかったよ。

還元率はいくらで、いつにいくら振り込まれるかってね。

それ録音して。俺は100万円現金化したから還元率は96%だったから、96万円確実に振り込まれるのかって確認して」

「それは賢明な方法だね。ちゃんと振り込まれた?」

友人「うん。30分くらいかな?ちゃんと振り込まれたよ。

それですぐに仕事初めて、最初の月でそれが200万円になって。

キャッシュはあった方がいいから24回払いで少しずつ払ってるよ」

「いいね。俺も一枚かませてよ(笑)」

友人「おいしい話もってきたらね(笑)」


私の友人のように、事業の運転資金としてクレジットカード現金化を利用している人もいるようです。

採算が十分に見込める事業であれば、クレジットカード現金化は現金を得るよい手段になるでしょう。

しかし、もし現在の事業が立ち行かなくなりつつあるタイミングで、どうしても諦めきれずに現金化によって運転資金を投入しようとしているのであれば、借金を増やすだけになる可能性もあるのでよくよく考える必要があります。

 

体験談を読むときには注意する(特に口コミ)

現金化体験談

以上のように、色々な人が色々な場面でクレジットカード現金化を利用しています。

もっとも、最初に書いた通り、多くの体験談は嘘なので注意して読む必要があります。

特に、口コミ形式の体験談は99%虚偽といっても言い過ぎではないでしょう。

よく目にするのは

「変な業者が多いので心配していましたが、良心的で安心しました」

「次回も○○にお願いしようと思います」

「他のお店ではかなり待たされることもありましたが、ここはすぐに振り込んでくれたので支払いに間に合いました」

などと言ったものです。

これをみて「すごい!利用したい!」と思う人は、あまりにも騙されやすいのでよくよく気を付けてください(そのような人は、利用しない方がかえって良いかもしれません)。

具体性のない文章のほとんどは実際には利用していない人による創作です。

実際に利用していないからこそ、具体的なことを書けないのです。

実際に利用していない人が業者から小銭をもらって口コミを書いているのです。

当サイトでは口コミがなぜ嘘であるのか、業界の内部情報(業者が実際に利用していない人にお金を出して口コミを集めていることなど)を絡めながら詳しく書いているため、興味があれば是非参考にしてください。

もちろん、多少具体的な体験談が掲載されている場合にも、注意して読んだ方が間違いありません。

最初のコメントをしよう

必須