土日祝日でもクレジットカード現金化を利用する方法がある?

急な出費でお金が必要になった時、クレジットカード現金化がおススメです。

土日祝日でもすぐに現金を手にすることができます。

利便性の高いクレジットカード現金化

土日祝日現金化

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得る方法です。

従来ならば、お金が急に必要となったシーンでは、消費者金融から借入を行うというのが一般的な方法でした。

消費者金融が駄目ならば街金融に融資を申し込み、それでもだめならば諦めるか、人によっては闇金融から借り入れて借金地獄に堕ちていくこともありました。

しかし、多くの人が見落としがちな方法として、クレジットカード現金化があります。

これは、インターネット上で営業しているクレジットカード現金化業者に申込み、業者指定の商品をクレジットカード決済で購入すると、その商品に対するキャッシュバックとして現金を得られるというものです。

クレジットカード現金化というものは昔からあり、古い方法ではブランド品や金券などの転売によって現金を得ていましたが、その方法ではあまり多くの現金を得ることができなかったため、非常にブラックなイメージを伴っていました。

そのイメージを未だに引きずっていますが、今ではクレジットカード現金化業者は非常にクリーンな物になっており、違法性もなければ高い還元率でサービスを提供するようになっています。

還元率は概ね85%~となっており、業者に手数料を支払う必要がありますが、便利に現金を手に入れることができるようになっています。

クレジットカード現金化業者はインターネット上で営業しているため、申込みもインターネット上で受け付けています。

申込みをしたら、(それが営業している時間や曜日・日にちであれば)すぐに取引を進めることができ、取引が終了次第指定の口座へお金を振り込んでもらうことができます。

振り込みまでに要する時間は初回の利用でも30分~1時間、2回目以降の利用ならば5~10分という事が多いようです。

非常に利便性の高いクレジットカード現金化ですが、一点だけ注意しておきたいことがあります。

それは、振り込み依頼をする口座によっては即日での入金対応を受けられない可能性があるという事です。

どのような銀行でも、平日の15時までにすべての手続きが完了すれば問題なく振り込まれますが、もし申し込んだのが土日祝日であれば銀行の営業日ではないため、手続がすぐに終わったとしても実際に振り込まれるのは翌営業日の朝いちばんとなってしまします。

つまり、土日に申し込んだ場合、通常ならば振り込まれるのは週明けの月曜日の朝であり、祝日ならばその翌日となるという事です。

 

土日祝日でも振り込まれるためには

土日祝日現金化

しかし、そうはいっても土日祝日にすぐにお金が必要となることもあるでしょう。

そのようなときはどうすればよいのでしょうか。

まず、その時点で普通の銀行口座しか持っていなかったならばアウトです。

即日振込はできません。

しかし、銀行の中には土日祝日でも振り込みを受け付けているものがあり、そのような口座を持っている人は土日祝日に急にお金が必要となってクレジットカード現金化を利用した時でもお金がすぐに振り込まれます。

では、土日祝日でも営業している銀行とはどのような銀行のことでしょうか。

最近利用者が増加しているネットバンクがこれに当たります。

ネットバンクは普通の銀行とは異なり、実際に店舗を構えて営業しているのではなく、インターネット上で営業しています。

そのため、営業時間という概念がなく24時間365日いつでも利用できるという非常に大きなメリットがあります。

つまり、クレジットカード現金化を利用したのが土日祝日であったとしても、ネットバンクの口座を振込口座に指定すればすぐに現金を手にすることができるのです。

そして、クレジットカード現金化業者のほとんどはネットバンクへの振り込みに対応しています。

この記事を書くにあたっての情報集めとして、クレジットカード現金化のためにネットバンクを開設する人もいるという情報がありました。

これは、初回の利用の話ではありません。

なぜならば、クレジットカード現金化を利用する人のほとんどは緊急にお金が必要となり、クレジットカード現金化にたどり着いたという人ばかりです。

「お金がない、なにか良い方法はないか、そうだ、クレジットカード現金化だ」という経緯でクレジットカード現金化の利用に至っているため、ネットバンクを開設するような時間はないのです。

しかし、二回目の利用をより便利にするためにも、クレジットカード現金化のためにネットバンクの口座を開設するという人は実際にいるようです。

また、クレジットカード現金化を利用するかどうかに関わらず、ネットバンクの口座は一つ持っておいた方が良いでしょう。

店舗を抱えていないことから生ずるメリット、例えば24時間365日営業していることや手数料が安いことなど、非常に便利です。

また、インターネット技術を基盤としたテクノロジーは今後ますます発展していくことが予想されますから、今はまだネットバンクを持っている人は多くありませんが、今後はどんどん増えてくるでしょう。

利用者が増えれば社会もそれに沿って進展していきますから、ネットバンクを持っている人の優位性はますます高まっていきます。

今はお金がなくクレジットカード現金化を検討しなければならないあなたも、時代を先取りしていくことで恩恵を十分に享受し、生活を向上させていくことができることでしょう。

現時点で、すでにネットバンクを持っている人が利便性を実感できることはたくさんありますから、普段使いの口座として開設するのも良いでしょう。

すぐに作ることをお勧めします。

 

ネットバンクにはどんな物がある?

土日祝日現金化

ここまで利用を強くお勧めしてきたネットバンクですが、ネットバンクには色々な物があります。

老舗としては楽天銀行やジャパンネット銀行ですが、近年は既存の銀行系列もインターネットバンクを立ち上げましたし、その他にも色々なネットバンクが登場しています。

銀行系列が多数参入した背景には、それまでの銀行では土日祝日は利用できなかったところを、土日祝日にも顧客に利用してもらい、売上げに貢献していきたいという意図があります。

インターネットバンクは、それまでの金融における不便な点を改善してくれているのです。

ネットバンクはパソコンから利用できるのはもちろんのこと、スマホやタブレットなどのインターネットを利用できる端末さえあればいつでも利用できるようになっています。

このことも、ネットバンクの利便性を高めています。

では、ネットバンクにはどのような物があるのでしょうか。

 

ジャパンネット銀行と楽天銀行

上記の通り、この二つのネットバンクはネットバンクにおける老舗です。

老舗だけに様々な機能をカバーしており、ネット上でできるほとんど全ての銀行業務を網羅しています。

それ以外にも、ジャパンネット銀行は宝くじ、競馬などの公営ギャンブルや、FXなどのギャンブル性が高い資産運用も利用できるようになっています。

口座の預金から競馬や宝くじやFXをすることができます。

しかし、これは全くお勧めできません。

まず、クレジットカード現金化を利用する人の多くは、普段から金銭管理ができておらず、お金のプールがなくなったために慌ててクレジットカード現金化を利用していることが多いものです。

お金がプールできない理由は、もちろん致し方ない生活上の理由もある一方で、ギャンブルなどに散財しているケースが見られます。

そのような人がジャパンネット銀行を使えば、せっかくクレジットカード現金化で作ったお金をギャンブルで散財してしまう可能性があります。

また、FXは資産運用だからいいというかもしれませんが、ジャパンネット銀行のFXははっきり言って全く使い物になりません。

他のFX会社に比べると手数料が高すぎるため、増やすことがとても難しいのです。

このことは今後改善される可能性もありますが、現時点ではとてもお勧めできません。

私は仕事上の手続きでやむを得ずジャパンネット銀行を使い、資産運用のレポート作成のためにジャパンネットFXも利用しましたが、とても使えたものではありませんでした。

以上のような理由から、ジャパンネット銀行はお勧めできません。

楽天銀行のメリットは、何といっても楽天ポイントが貯まりやすいことです。

そのため、楽天ポイントを貯めている人には嬉しい特徴と言っていいでしょう。

しかし、逆に言えば楽天銀行のメリットはそれくらいのものです。

ジャパンネット銀行と楽天銀行は、他のネットバンクに比べるとATM手数料が高く、お得感がありません。

老舗としてのネームバリューで集客ができるため、顧客のための様々な工夫や優遇をする必要がないのです。

このような老舗としての存在感の上に胡坐をかいたようなネットバンクを利用することにはメリットはないでしょう。

このほかにも優れたネットバンクはたくさんあるからです。

しかし、老舗として安心感が高いのは事実ですから、様々なメリットよりも安心感のほうがいいという人はこの二社を利用しても良いでしょう。

 

銀行系列のネットバンク

注目したいのは、銀行系列のネットバンクです。

これらのネットバンクは、元々銀行として長年にわたって営業してきたノウハウをネットバンクにそのまま盛り込むことができるため、こちらも老舗の二社に劣らぬ安心感があります。

しかし、お金の複雑に絡むことに対しては、銀行の立場上慎重な姿勢を取っていたため、後発組となってしまいました。

元々金融関連企業ではない企業がネットバンクに参入する場合には新規事業への進出として株主もどんどん後押しをしますが、元々金融をなりわいとしていた企業が、従来の業態から枝分かれする形でネットバンクに参入する場合には、どうしても慎重にならざるを得なかったのです。

しかし、慎重に事をすすめ、満を持しての参入となっていますから、安心感は大きくサービスも上質です。

また、すでに口座を持っている銀行が開いたネットバンクならば、簡単な手続きでネットからの利用が可能となります。

 

新規参入のネットバンク

これは、老舗二社に送れ、銀行系列ではない、むしろ金融関連業務とは無関係の業界がネットバンクに参入したケースです。

例を挙げればイオン銀行(スーパーマーケット業界の雄)、ソニー銀行(AV機器業界の雄)、セブン銀行(コンビニエンスストア業界の雄)などが有名です。

これらの会社は、すでに他の業界で地盤を固め、安定しており、潤沢な資金をもとにネットバンク業界に参入しています。

まったく別業界からの参入であることから、信用度や安心感の点で見劣りがしますが、実際に利用してみると普通の銀行となんら変わりません。

むしろ、サービスが充実している特徴があり、ATM利用料が無料もしくはかなり安いという特徴があります。

大手コンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)ATMならばどこでも利用できることから、利便性も高くなっています。

また、クレジットカードと組み合わせることでポイントが貯まりやすくなったり、銀行系列ネットバンクとは異なる魅力を持っているネットバンクです。

このように色々なネットバンクがあります。

今この記事を読んでいるあなたがネットバンクをまだ持っていないならば、自分にもっとも適したネットバンクを作ることをお勧めします。

当サイトはクレジットカード現金化を紹介するサイトですが、ネットバンクはクレジットカード現金化以外の面でも利便性が高いため、強くお勧めします。

土日祝日、24時間利用できる利便性の高さは繰り返し述べてきたところですが、それ以外にも利便性の高い口座を新規に一つ儲けることの便利さも享受してほしいと思います。

おそらく、現在手元にすでにある口座は、家賃や光熱費その他の引落などに利用していることと思います。

これが複数の口座に散らばっているならば、ネットバンクを作るのを機にネットバンクにまとめてしまいましょう。

色々な支払を普通の口座でしていれば、わざわざ通帳記入をしなればお金の流れを把握しにくいものですが、ネットバンクはいつでもネット上で確認できるため、様々な支払をまとめておけばお金の流れが非常に把握しやすくなります。

クレジットカード現金化の利用を検討しているあなたの家計が破たんしかけているならば、ネットバンクの開設が家計再建の協力なツールになるかもしれません。

このほか、銀行系列のネットバンクの中には、キャッシングできるものもあります。

しっかりと自制しながら本当に必要なときにだけ利用することができる人にとっては、キャッシングは便利な機能となるでしょう。

しかし、キャッシングの利率は高めに設定であるため、すぐに手を出してしまいがちな人にはお勧めできません。

また、クレジットカード現金化を勉強した皆さんなら、ネットバンクのキャッシングを利用するよりもクレジットカード現金化を利用することでしょう。

クレジットカード現金化の方が金利が低いからです。

もしクレジットカード現金化を利用するならば、その際の振込先をネットバンクにしておくことで、より便利に利用することができます。

いつ、どこで利用してもすぐにお金を手に入れることができるようになるのです。

このような便利なものを利用しない手はないでしょう。

皆さんも、クレジットカード現金化の利用を検討しているならば、ネットバンクの開設も合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

最初のコメントをしよう

必須