クレジットカード現金化は、契約社員・フリーター・無職でも使える!

クレジットカード現金化は色々な人が利用しています。

この“誰でも利用できる”というメリットがあることから、年金受給者や専業主婦や求職中などの無職の人、アルバイトで働くフリーターやパートタイマー、契約社員などといった人でも気軽に利用することができます。

フリーター、契約社員、無職・・・色々な人が使っている

現金化誰でも

当サイトでは様々な観点からクレジットカード現金化を取り上げています。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠から現金を得ることができる方法であり、利用のための条件は自分名義のクレジットカードを持っていることだけです。

クレジットカード現金化は色々な人が利用していますが、この“誰でも利用できる”というメリットがあることから、年金受給者や専業主婦や求職中などの無職の人、アルバイトで働くフリーターやパートタイマー、契約社員などといった人でも気軽に利用することができます。

また、旧来の店舗に訪問して利用する方法ではなく、インターネットで営業されている業者を利用すれば、窓口などで手続をするのではなくすべてネット上で完結するため、誰にも会わずに気軽にお金を作ることができます。

一般的に、お金がない人がどうしてもお金を準備しなければならないというシチュエーションでは、消費者金融から借入をするという選択肢が思い浮かぶでしょう。

しかし、以下の通り消費者金融は無職の人やフリーター、契約社員などにはあまり積極的に融資を行っていません。

総量規制という法律の存在によって、業者の貸しすぎと消費者の借りすぎによる破産を防ぐため、消費者の年収の3分の1以上の貸付は禁止されているのです。

つまり、年収がゼロの無職の人は1円も借りることができませんし、年収が低いフリーターの人も返済能力の低さを見られて借りられない場合が多いのです。

このほか、中には“借金”ということに対して強い抵抗を感じる人もいることでしょう。

その点、クレジットカード現金化業者は貸金業者ではないため、問題なくサービスを提供することができます。

また、インターネット上で全ての手続きが完結し、手続や処理の流れもクレジットカードで買い物をしたときと全く変わらないため、気軽に利用することができるのです。

 

色々な人が使えるクレジットカード現金化

現金化誰でも

クレジットカード現金化を利用するためには、上記の通り自分名義のクレジットカードを持っている必要があります。

もちろん、ショッピング枠に残高があることも条件となります。

料金の支払いが遅れた、借金の返済が遅れたなどの理由から信用情報にキズがついている人は消費者金融でお金を借りることはできませんが、クレジットカード現金化では審査が行われず信用情報を参照して利用者を選別することもないため、ブラックな人でも利用することができます。

例えば、多重債務で生活が厳しく、どうしても少しのお金が欲しいけれども追加で借り入れることができなくて困っているという人でも利用することができるのです。

このように、クレジットカード現金化は様々な事情を抱えた人の頼みの綱として機能しており、最近徐々に人気が出ていることの背景にはこのような事情があるようです。

クレジットカード現金化は本当に色々な人が利用しています。

正社員として働いている人が利用しているケースもありますし、フリーターや契約社員の人が利用していることもあります。

上記の通り専業主婦や年金受給者、求職者、学生などの無職の人でさえ利用しています。

利用条件が自分名義のクレジットカードを持っていることだけですから、無職の人でも利用できるのです。

もちろん、無職の人でも利用できるとはいえ、クレジットカードのショッピング枠利用するのですから、クレジットカード会社への支払い義務は当然生じます。

したがって、無職で利用した人は、支払える確信がないままに利用しないことが大切です。

専業主婦にしても、家族カードを使うならば配偶者に許可を取った方が良いには違いありません。

これらのことは、クレジットカード現金化の処理上の問題ではありませんが、他の面で支障をきたさないための配慮はしておきましょう。

 

クレジットカードは簡単に作れるか?

現金化誰でも

今クレジットカードを持っていない人は、この記事を読んでいざと言う時のためにクレジットカードを作っておきたいと思ったかもしれません。

最近は不景気によって正社員で働くことが難しくなっており、派遣社員やフリーターとして働いている人が増えていますが、そのような人たちはクレジットカードを作れるのでしょうか。

消費者金融などでは融資をしてくれないことも多いですが、クレジットカード会社はクレジットカードを発行してくれるのでしょうか。

答えはイエスです。

クレジットカードを作るのはそれほど難しいことではなく、収入が少ない人でも作ることができます。

クレジットカードを作る際に重視されるのは安定した収入の有無であり、たとえ年収が少なかったとしても、安定的な収入であればそれに見合った上限額のクレジットカードを作ることができます。

では安定した収入がない無職の人はどうでしょうか。

こちらも作ることができます。

例えば専業主婦や学生などが無職の代表的な例ですが、家族に支払い能力があれば審査に通るのです。

専業主婦であれば配偶者が支払い能力のある存在とみなされ、学生であれば親がその対象となります。

特に学生は、学生向けクレジットカードならば審査が通りやすくなります。

親の収入を見て返済が可能だと考えて問題なしとするのです。

また、学生はいつまでも学生ではなく、卒業すれば社会人になります。

ほとんどの場合は学生時代に作ったカードを継続して利用することになります。

学生時代にクレジットカードを使う事を覚えた人は、社会人になって収入が増えれば利用額も増えるものであり、これがクレジットカード会社に好都合なのです。

したがって、学生カードは審査に通りやすいといえます。

私も大学4年生の頃に、アルバイトもせずに学生カードを作っています。

限度額は10万円でした。

クレジットカードは簡単に作れないと思っている人は、クレジットカードに対して少々古い考え方をしていると思われます。

昔は、クレジットカードは一定の収入がある人しか作ることができず、それを持っていることそのものがステータスになった時代がありました。

しかし、今ではそれほど敷居は高くなく、敷居が高いのはプラチナカードやブラックカードといったごく一部のカードのみです。

また、正社員雇用が減っている昨今、正社員だけにターゲットを絞っていたのではクレジットカード会社はやっていけません。

収入が低い人に対してはその収入でも返済できる額を限度額にしてカードを発行したり、収入がない人は家族に収入があることを確認してカードを発行するなどして顧客を増やしているのです。

ただし、フリーターや学生などが作れるようになったとはいえ、優遇されているわけではありません。

携帯料金の滞納をしたり、何らかのローンを支払わなかったりして信用情報にキズがついている場合には、もちろんカードが作れる可能性は大幅に低くなります。

 

まとめ

現金化誰でも

以上のような理由から、契約社員やフリーターや無職の人でもクレジットカード現金化をすることができます。

また、それらの人がクレジットカードを持っていない場合にも、クレジットカードを容易に作ることができます。

どうしても現金が必要になるというシチュエーションは色々なものが考えられます。

そして、そのようなときにお金を作ろうとすれば、従来のよく知られた方法には困難が伴うものです。

そこで、クレジットカードさえあればお金を作ることができます。

もちろん、現金化のためにいくらかの手数料がかかりますが、少々割高の値段のものをショッピング枠で購入する感覚を持つと良いと思います。

最初のコメントをしよう

必須