クレジットカード現金化を使っても個人情報は大丈夫?

クレジットカード現金化は誰でも手軽に利用できる方法です。

しかし、個人情報を渡したら悪用されてしまうのではという不信感があります。

ここでは、クレジットカード現金化は個人情報をどのように扱っているか、そしてその周辺情報をご紹介します。

インターネットと個人情報

現金化個人情報

当サイトで紹介しているクレジットカード現金化は、インターネットを通して利用するものです。

今の時代、誰もがインターネットで気軽に買いものをするようになりました。

買い物の際には名前、住所、メールアドレス、電話番号、クレジットカード番号などの個人情報を利用しますが、通販の利用によって個人情報の流出を心配する人はそれほど多くなく、誰もが気軽に情報を渡しています。

しかし、そのように気軽に情報を提供している人たちも、クレジットカード現金化となると態度が変わります。

クレジットカード現金化に対して不信感があり、個人情報を渡したら悪用されるかもしれないと思ってしまうのです。

この記事では、クレジットカード現金化は個人情報をどのように扱っているか、そしてその周辺情報をご紹介します。

 

クレジットカード現金化とは

現金化個人情報

クレジットカード現金化は、ここ数年で徐々に利用者を伸ばしている方法であり、誰でも手軽に利用できる方法として知られつつあります。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換える方法であり、二種類の方法があります。

一つは買い取り方式、もう一つはキャッシュバック方式です。

この二種類の違いを説明しておきましょう。

買い取り方式は旧来の方法であり、一昔前に店舗型のクレジットカード現金化業者によって行われていました。

この方法では、利用を希望した客に商品(ブランド品や家電製品などの換金性の高い商品)を指定して買いに行かせ、客がお店を回って商品を(クレジットカード決済で)購入してくると、何割かの値段で業者が買い取り、それによって現金化を行います。

この方法はクレジットカード会社に対して横領罪になる可能性があることや、買いたたかれて結局少しのお金しか手に入らないことも多いため、お勧めできない方法です。

二つ目のキャッシュバック方式は、当サイトで推奨している方法です。

といっても、最近はインターネットで営業している業者が多くなり、それに伴ってキャッシュバック方式の業者ばかりになりました。

この方法では、インターネットで利用を申請し、業者指定の商品をネット上でクレジットカード決済で購入し、その商品に対するキャッシュバックとして現金を受け取るという流れになります。

違法性が全くなく、気軽に、適正なお金を得ることができる方法です。

さて、クレジットカード現金化のメリットは、言うまでもなくクレジットカードからお金を得られることです。

他の方法として、クレジットカードのキャッシング枠からの借入という方法も思い浮かびますが、この方法は一括払いしかできないことがあるほか、金利も高く、また枠が小さく使い勝手が悪いためあまりお勧めできない方法です。

これに対してクレジットカード現金化ならば、ショッピング枠を利用するため支払回数を柔軟に決めることができ、金利も安くなっています。

このほか、よく比較対象に挙げられるのが消費者金融ですが、消費者金融よりも様々な面で優れています。

もちろん、消費者金融で審査に通るための経済的安定性があり、信用情報にキズがなく、短期間に返済が可能であり、実際の融資実行まで時間的余裕があるならば消費者金融の方が良いでしょう。

クレジットカード現金化は利用の際に手数料と消費税がかかるため、それらを差し引いた時に受け取る金額と比較すると、短期間で返済できるならば消費者金融の方がお得になります。

しかし、実際にはクレジットカード現金化を希望する人の多くは消費者金融で借りられずにクレジットカード現金化に流れてきていることがほとんどです。

安定性がない、信用情報にキズがある、短期間で返済できない、とにかく“今すぐ”お金が必要などのいずれかに当てはまるならば消費者金融を利用することはできないため、クレジットカード現金化を利用することになります。

よく言えば、クレジットカード現金化は審査がないため安定性がない人でも(無職でも可能)利用することができ、信用情報が問われず、返済は自由に決めることができ、30分~1時間でお金を振り込んでもらうことができます。

特に、審査がないというのが大きなメリットです。

クレジットカード現金化業者は貸金業者ではないため、審査がないのは当然といえば当然のことなのですが、そうはいっても職業や借り入れ状況などを問わずに利用できるのは安心できます。

また、クレジットカード現金化は利用しても信用情報に記録されることはありません。

以上のようなことから、人によってはクレジットカード現金化に抜群のメリットがあるといえます。

 

クレジットカード現金化に個人情報を教えて安全?

現金化個人情報

では、そろそろ本題に入りましょう。

クレジットカード現金化の際には個人情報を教える必要があります。

社会的に健全とされている企業でも個人情報の流出を起こすことがあり、情報リテラシーが重視されるようになっています。

顧客の多い大手企業で情報漏えいが起これば社会的信用を大きく損なう可能性が高く、時には経営が傾きかねないほどの打撃を与えます。

そのため、各社は情報の管理に力を入れています。

それでも100%漏えいが防げるかというとそうではないのが現状です。

ならば、クレジットカード現金化業者などという弱小業者に個人情報を守れるのでしょうか。

セキュリティに費やすお金も少ないに違いありませんがどうなのでしょうか。

対策が万全であるとは考えにくいというのが正直なところです。

クレジットカード現金化で入力を求められる個人情報は名前、性別、メールアドレス、電話番号くらいのものです。

電話番号などが流出すればたまったものではありません。

しかし、セキュリティ管理に関しては業者にインタビューしても詳しいことはわかりませんでした。

ただ、一つ分かったのは「情報量過多によって情報が流出するほど蓄積されていないから問題ない」とのことでした。

おそらく、クレジットカード現金化はまだまだ利用者が少ないため情報もそれほど蓄積されておらず、管理が容易なのでしょう。

大企業がセキュリティにお金をかけるのは膨大な顧客情報を保管しているからであり、そうではないクレジットカード現金化業者は現時点では問題ないというのが実情のようです。

 

個人情報が流出するとどうなる?

現金化個人情報

クレジットカード現金化を利用し、仮に個人情報が流出したらどうなるのでしょうか。

個人情報流出に伴う被害には以下のようなものが考えられます。

 

迷惑メール

メールアドレスが流出すると、迷惑メールが増えます。

これは、経験したことがある人も多いことでしょう。

メールマガジンや通販サイトなどネット上の色々なシーンでメールアドレスを登録していると、いつの間にか迷惑メールが増えたという事はよくあるものです。

これはメールアドレスを登録したサイトのいずれかからメールアドレスが流出したことが原因です。

これを防ぎたいならば、クレジットカード現金化を利用するにあたって、現金化専用のフリーアドレスを作っておくのが有効です。

 

クレジットカードの不正利用

クレジットカードが不正利用されるという可能性もあります。

クレジットカード番号が漏れてしまうことによって不正利用される恐れがあるのです。

しかし、これは理論上不正利用が可能であっても、現実的にはあまり心配する必要はありません。

クレジットカード番号を取得し、その番号を利用してネットショッピングなどをしようとしたとき、ほぼ確実にサイトのセキュリティにブロックされます。

 

詐欺

名前や電話番号や住所などが流出すれば、詐欺に利用される可能性があります。

例えば振り込め詐欺などが代表的な例です。

もっとも、振り込め詐欺は手口がそれほど巧妙であるケースは少なく、騙されてしまうごく少数の人がいることで詐欺として成立しているものですから、それほど大きな問題ではありません。

もしクレジットカード現金化を利用した後に不審なメールや電話が増えた場合には、その現金化業者から流出した可能性が高いです。

優良業者を利用したならば、上記の通りほとんど問題ないのですが、もし悪質業者を利用したならば十分にあり得ます。

悪質業者は還元率を誤魔化して儲ける、実際にはお金を振り込まずに儲けるなどの他、取得した情報を横流しして儲ける場合もあるからです。

もし個人情報の流出が疑われる場合には、どうすればよいのでしょうか。

おそらく、すでにその時点で情報はあらゆる業者の手に渡っていることでしょうから、回収は不可能です。

したがって、メールアドレスは新しくし、電話ならば番号を変え、クレジットカード番号ならばクレジットカードの再発行を行うなどの対処をすることとなります。

このような面倒なことにならないためには、最初から優良業者を使うことが大切です。

個人情報は、だれもが安易に提供していますが、実際には非常に大切なものです。

騙す人と騙される人がいた場合、当然騙す人が悪いのは当然ですが、騙される人にもいくらかの否があります。

個人情報の流出を防ぐ第一歩は自分の心構えからなのです。

最初のコメントをしよう

必須