今すぐお金がほしい人必見!クレジットカード現金化のメリット6

今すぐお金が必要になった、そんな時はクレジットカードの現金化がおススメです。

クレジットカード現金化なら最短5分で利用可能ですよ。

案外、色々な方法が「今すぐ」に対応していない

現金化メリット6

どうしても今すぐお金が必要になることが、人生では何度かあります。

それほど緊急性の高くないものならば問題になりませんが、何らかの支払いなどの支払いが遅れると信用情報にキズが付く恐れがあるものであったり、光熱費や携帯料金など利用停止に陥ると日常生活に著しく支障をきたすものであったりすれば、看過することはできないでしょう。

そんなとき、(預金がないと仮定して)皆さんはどのような方法に頼るでしょうか。

親や友人から借りる?

なるほど、数万円程度の支払いならばそれでも間に合う事でしょう。

しかし、もし十数万円あるいは数十万円という多額の支払い出会った場合には、信用を担保にして借金をするというのはあまり好ましいものではありません。

支払いが滞れば著しく信頼を失う事は間違いありません。

また、多額の支払いに耐えるだけのお金を作るという条件を考えるならば、クレジットカードのキャッシング枠もあまり頼りにはなりません。

クレジットカードはなんといっても本来はショッピングのためのカードであり、キャッシング枠からいつでも現金が借りられるとはいってもその枠は小さく、せいぜい10万円程度です。

したがって、これも頼りにはなりません。

では消費者金融はどうでしょうか。

最近では、消費者金融のなかにも即日審査・即日融資を謳っている業者が多く、大手業者ならばほとんどそのように宣伝していますから、これを利用しようと思うかも知れません。

たしかに、属性が非常に良好の人ならば、即日融資を受けられることでしょう。

例えば、公務員や大手企業のサラリーマンであることから収入が高く、しかも安定しているような人ならば、審査も容易に通ってお金を即日で借りられる可能性が高いです。

しかし、そもそもそのような人が預金ゼロという状態に陥ることはあまりないことですから、ここではそのような人をモデルとすることはできず、やはり審査の際に属性で引っかかる人が多いと思います。

無職、専業主婦、フリーター、契約社員などがそれに当たります。

あるいは、サラリーマンなどの可能性もありますが、比率としてはあまり安定的ではない人の方が多くなります。

また、すでに借金返済の遅延やその他支払いの滞納などによって信用情報にキズがついているケースも多く、そのような人は間違いなく審査に落ちます。

あるいは、すでに借金をしており、限度額である年収の3分の1まで借りていることから、審査を受けても意味のない人もいるかもしれません。

そのような人も審査に通る可能性が全くのゼロかといえば、ゼロに近いというだけでゼロと断言することはできません。

しかし、審査には時間を要し、そのうえで融資不可となることが圧倒的におおいため、「どうしても今すぐお金が必要」というシーンでは、消費者金融からの借入は適当な選択肢とは言えません。

また、仮に即日で融資を受けられた場合も、18%という高金利が適用されることが多いことは無視できません。

短期間のうちに返済できるならばよいのですが、月々の最低支払額を支払っていくと最終的は借金総額は約2倍に膨れ上がります(ちなみに、この金利は違法ではありませんが、国の定める最高金利です)。

もちろん、返済が遅れれば信用情報にキズがつき、住宅ローン・自動車ローン・学資ローンといったあらゆる借入が不可能となります。

消費者金融で借りられない場合には街金融に借りるという選択肢も考えられますが、こちらも消費者金融より甘いものの審査はきちんとありますし、金利は高く取り立ては厳しくなります。

論外なのは闇金融から借りることです。

闇金融は審査するといっても取り立てのための情報を抑えるという意味での審査ですから、ほとんどの場合借りられます。

しかし、闇金融は貸金業の免許を持たずに違法営業していることがほとんどであり、「トイチ(10日で1割の利息)」などの法外な金利を請求してきます。

ほとんどの人が支払困難になりますが、非常に厳しい取り立てが待っています。

違法に営業しているのですから、取立て方法も違法なものです。

そして、非常に厄介な問題で解決が困難であるため、債務整理を請け負っている弁護士の中には闇金融には対応していないことも多いものです。

非常に面倒なことになるため、闇金融からの借り入れだけは避けてください。

闇金融から借りるくらいならば、今必要な理由(支払いその他)を遅らせた方がまだマシです。

 

どうすれば「今すぐ」お金を手に入れられる?

現金化メリット6

ならばどうすればよいのでしょうか。

ここまで見てきたことから、

  • 親や友人に迷惑をかけない
  • 十数万円や数十万円の支払いに耐える
  • 審査がないあるいは甘い
  • 属性を問わず利用できる
  • 健全な方法である
  • 今すぐお金が手に入る

という事が条件となります。

はたしてそのような方法があるのかと思う人もいるかもしれませんが、クレジットカード現金化ならばこの条件を見事に満たします。

もっとも、ここでいうクレジットカード現金化とは最近になってインターネット上で可能となったクレジットカード現金化のことであり、古くからあるクレジットカード現金化とは異なるものです。

まだインターネットが普及する以前のこと、都心部や地方都市にはクレジットカード現金化業者が店舗を構えて違法な営業をしていたものです。

このクレジットカード現金化業者は、お金に困って利用を申し込んできた人にブランド品や家電製品や金券などの購入すべき商品を指示し、利用者にお店を回らせて購入させ、そのうえで何割かの金額でそれらの商品を買い取ることによって現金化を行うというものです。

クレジットカード現金化というと、いまだにこのような業者のイメージを抱く人が多いものです。

しかも、違法営業されていた時代のイメージが湧くため、どうしても不安を覚えて利用を控えようとするのです。

しかし、最近はインターネット上で営業するクリーンな現金業者が増えたことで、街角の悪質な現金化業者は衰退しました。

インターネットが普及したことで、利用者は情報収集が容易になりました。

違法な行為を行う業者はすぐに口コミで広がってしまい、客が遠ざかってしまうため、悪質な営業を行うことが非常に難しくなったのです。

特に最近では、SNSなどの浸透によって口コミの伝播力が飛躍的に向上したことを考えると、悪質業者が淘汰される理由がよくわかると思います。

新時代のクレジットカード現金化は上記のすべての条件を満たします。

 

親や友人に迷惑をかけない

これは当たり前のことです。

クレジットカード現金化によって現金を手に入れられるようになった結果、親や友人から借りる必要はなくなり、迷惑をかけたり信頼を損なったりすることはなくなります。

 

十数万円や数十万円の支払いに耐える

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠の空き状況によって利用額が決まります。

限度額まで利用することも可能です。

ショッピングを普段からしているためあまり余裕がないという場合にはこの条件を満たすことはできませんが、普段それほどクレジットカード決済を利用していない人ならば問題なくまとまったお金を作ることができることでしょう。

 

審査がないあるいは甘い

クレジットカード現金化業者は貸金業者ではありません。

消費者金融や街金融などといった貸金業者は、返済能力がない人にお金を貸してしまえば貸し倒れとなる可能性が高まるため、返済能力がある人にのみ融資しています。

そのための審査です。

つまり、クレジットカード現金化業者は貸金業者ではなく、単にクレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスを提供しているだけであり、お金を貸すことはないため審査がありません。

 

属性を問わず利用できる

なぜお金を借りる人の属性が重視されるかと言えば、その人の属性が返済能力に直結するからです。

そのため、貸金業者からお金を借りる際には属性がみられます。

しかし、クレジットカード現金化は上述の通り貸金業者ではなく審査もないため、属性が問われることはありません。

したがって、フリーターでも、専業主婦でも、無職の人でも、学生でも、年金受給者でも、ショッピング枠が開いているクレジットカードさえ持っていれば属性を問わずだれでも利用することができます。

 

健全な方法である

クレジットカード現金化業者は、上述の通り今やクリーン化しています。

確かに、一部悪質業者があることは事実ですが、それはどのような業界にも言えることであり、信用ある大企業でも粉飾決済をする企業があるのです。

木を見て森を見ない、つまり一部の悪質業者を見て業界全体のクリーンさを見ることができないというのは残念なことです。

クレジットカード現金化は、すくなくとも大手業者を利用している限りは健全な方法です。

また、悪質業者には悪質業者としての目立つ特徴を持っているため、簡単に判別して避けることができます。

当サイトの他の記事において、悪質業者の見分け方を詳しく書いているので、そちらを参考にしてください。

 

今すぐお金が手に入る

当記事の主旨としては、この条件がもっとも重要でしょう。

クレジットカード現金化はどのくらい早く振り込んでくれるのでしょうか。

クレジットカード現金化業者が他の方法に比べて早い一つ目の理由は、素早く利用できることです。

パソコンやスマホなどのインターネットに接続できる端末があればいつでもどこでも利用することが可能であるため、わざわざ店頭まで足を運ぶ必要がありません。

次に、クレジットカード現金化は非常に振り込みがスピーディです。

申込みをした時間が営業時間内であればすぐに折り返しの電話があり、その電話で利用の意志確認を行ない、業者指定の商品をクレジットカード決済で購入すれば、すぐに還元率分の現金が振り込まれることになります。

初回の利用でも30分~1時間程度で振り込まれます。

最も、業者によってはスピードプランとスタンダードプランに分けられており、即日振込を希望する場合には還元率が若干下がるシステムを採用している業者もあるため、利用の際には複数の業者を比較し、スピード振込ができて還元率も高い業者を利用しましょう。

そのような業者では、サイトのトップページで「最短5分でお振り込み!」と謳っていることがありますが、この場合「最短」というのがミソです。

初回の利用であればやはり30分~1時間かかりますが、2回目以降の利用ならば5分で振り込むという事です。

 

クレジットカード現金化を利用してみよう

現金化メリット6

クレジットカードを利用するためにはどうすればよいのでしょうか。

まずは、必要なものを揃えましょう。

といっても必要となるものはごく簡単なものばかりで、ショッピング枠に余裕があるクレジットカード、自分名義であることを証明するための本人確認書類(運転免許証、保険証、パスポートなど)、電話連絡のための電話、振込口座だけです。

どれも取り立てて準備するものではなく、すでに手元にあるものばかりです。

スピーディに現金化するためには、電話での申し込みも可能ですが、聞き間違いなどから処理がうまくいかなくなる可能性があるため、インターネットの申し込みフォームを利用するのがベストです。

入力フォームでは、名前、性別、メールアドレス、電話番号、連絡可能な時間帯、利用希望金額などを入力します。

また、希望金額を伝えたところ残高が足りなかったという間違いが起こりがちなので、あらかじめ明細書などで確認しておいた方がスムーズにいきます。

手続きがスムーズにいけば30分~1時間で振り込まれます。

ちなみに、スピード振込のためには条件があります。

それは、指定口座の営業時間内であることです。

指定口座が一般的な銀行ならば、平日の15時までしか振り込むことができません。

そのため、15時以降の振り込みになった場合や土日祝日である場合には、いくらスピード振込とはいっても、実際に引き出せるのは翌営業日の朝いちばんとなります。

もしこれを避けたいならば、ネットバンクを利用することがおすすめです。

ネットバンクは24時間365日利用可能であるため、振り込まれ次第いつでも引き出すことができます。

 

クレジットカード現金化にある勘違い

現金化メリット6

多くの人は、ここまで読んでクレジットカード現金化についての基本的な知識を得られたことでしょうから、問題なく利用できると思います。

しかし、クレジットカード現金化に対して誤解を抱く人もおり、その誤解がもとでスムーズに利用できないこともあるため、ここで書いておきます。

ここに挙げる誤解は、実際にクレジットカード現金化業者にインタビューして分かったものです。

 

クレジットカードがなくても利用できると思っている

クレジットカード現金化は、クレジットカードを利用して現金を得るのですから、クレジットカードがなければ利用できません。

しかし、中にはクレジットカードを持たずに申し込んでくる人もいるようです。

そのような人は、業者がクレジットカードを作ったうえで現金化してくれると思っているようですが、流れをきちんと把握していればこのような誤解は生まれないでしょう。

これと似たものとしては、ショッピング枠がいっぱいで申し込んでくるという間違いもあります。

もうお判りでしょうが、現金化ではショッピング枠から現金を得るものですから、ショッピング枠がいっぱいでは利用できません。

 

家族のクレジットカードを利用する

親や兄妹のクレジットカードで現金化しようとする人もいます。

しかし、家族であっても自分名義ではないカードを利用することはできません。

少々ややこしいですが、家族カードならば親から株分けされた子株のクレジットカードであるため、利用が可能です。

このほか、利用できない理由としては下記のような例もあります。

 

電話に出ない

利用を申し込むと、利用確認の電話がかかってきますが、タイミングが悪かったり、知らない番号だからという理由で電話に出ない人がいます。

クレジットカード現金化では電話によって利用の意志確認や流れの説明が行われるため、電話に出なければ現金化することはできません。

以上のように、クレジットカード現金化が利用できない時というのは、ほとんどの場合利用者の勘違いやうっかりが原因となっています。

このような勘違いやミスがないようにしましょう。

最初のコメントをしよう

必須