クレジットカード現金化業者の接客態度ってどう?

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換える方法です。

ここでは、悪徳業者の接客態度を例に優良業者の選び方をご紹介します。

今お金が必要になったらどうする?

現金化業者接客

緊急的に、“今”現金が必要になった時、あなたならどのように対処するでしょうか。

貯金がないならば、真っ先に思い浮かぶのは何か持ち物を売る事ですが、これは多くの場合売ることを想定して購入したものではないため二束三文で買いたたかれる可能性が高いです。

次に思い浮かぶのは親戚や友人から借りることですが、まとまったお金となるとなかなか借りられないものですし、もし返済を怠れば信頼関係に修復が難しいほどのダメージを与えることになります。

信頼はお金では買えないものですから、借入によって信頼関係を危険にさらすのは馬鹿げたことです。

その他に思いつく方法は消費者金融からの借入ですが、このような借入は“今すぐ”というニーズを満たすことができません。

確かに、即日審査・即日融資を売り文句にしている業者は多いですが、審査に時間がかかることが多いものですし、審査の結果融資が行われないこともあります。

そのため、少々時間に余裕があるならば選択肢として考えても良いですが、緊急性が求められるシーンではあまりお勧めできません。

また、通常の借入では18%という高い金利が掛かってしまい、返済総額が倍近くにまで跳ね上がることも少なくないため、その意味からもあまり優れた方法であるとは言えません。

そこで考えられる唯一の手段は、クレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換える方法です。

クレジットカード現金化業者に申込みを行い、業者指定の商品をクレジットカード決済で購入し、その商品に対するキャッシュバックとして現金を受け取ります。

即日どころかごく短時間のうちに振込対応を受けることができ、クレジットカードのショッピング枠を利用するため金利は低めで、親戚や友人との関係を担保にする必要もなく、誰からも知られずに簡単にお金を作れる方法は、クレジットカード現金化をおいて他にはありません。

 

クレジットカード現金化の接客態度とは?

現金化業者接客

非常に便利な方法ではありますが、クレジットカード現金化はまだまだ社会的信用が低い方法です。

なぜならば、インターネットが普及する以前のクレジットカード現金化は、法律スレスレ、もしくは違法行為を行って利益を上げていたためです。

インターネットが普及してからはその悪質性が騒がれたことや、違法行為(利用のために店舗を訪れた客を恫喝して利用させるなど)を行うことができなくなったため、クリーン化しているのですが、実際にはかつてのイメージのままに見られています。

そのため、クレジットカード現金化と聞いたときに不安を覚えたり、拒否反応を示したりする人が少なくありません。

特に気の弱い人、交渉が苦手な人、女性などはあまりよくないイメージから、利用をすると怖い人から電話がかかってくるのではないかという不安を抱き、利用できないことが多いようです。

これは、ある意味では的を射ています。

なぜならば、クレジットカード現金化業者は上記の通りかつての状態と比較して、相対的にはずいぶんとクリーン化しましたが、まだまだ悪質業者がいるのも事実だからです。

悪質業者に電話をすれば、詐欺まがいのことをしてきたり、恫喝に似た態度での接客を受けることもあります。

また、悪質な営業を行っていない業者でも、接客態度が悪い業者をしばしば見かけます。

この理由として最も大きいのは、一般的にあまり良いイメージを抱かれていない業界ですから、これから社会に出る人が就職先として選ぶことはほとんどないという事です。

そのため、紆余曲折して現金化業者に就職する人が多いことから、アンダーグラウンドな人も多く、そのような人が接客をしたときにまともではない感じを受けることが多々あるのです。

 

接客態度が悪い業者の例

現金化業者接客

したがって、クレジットカード現金化を紹介するサイトにおいて、「どの業者に電話をかけても親切丁寧な対応でした!」というような記述はまず虚偽の物であると疑ってください。

そのようなサイトの紹介する情報には虚偽の事実が多分に含まれているため、読むことで知識を得られるメリットよりも虚偽の内容を受け取るデメリットの方が大きいでしょう。

さて、実際にクレジットカード現金化業者に電話してみると分かりますが、接客態度が悪い業者も実在します。

私が電話をかけた中で気になったものをいくつか挙げてみます。

 

典型的な悪質業者の例

悪質業者ならば、電話をかけたときに名乗りもせず「はい」や「もしもし」とだけ言って対応することもあります。

電話対応の際に「はい、○○でございます」と社名を名乗って対応するのはビジネスの基本であり、このような対応はあり得ないことです。

この第一声で悪質業者と判断し、電話を切ってしまって構いません。

また、色々聞いていくと、「あの~、サイト読まれました?」「サイトに全部書いてあるんですけど」「利用されるんですか?しないんですか?」といった対応をされることもあります。

これは、口頭で説明をしたときに録音されてしまい、その内容に詐欺的内容が含まれていれば証拠をつかませてしまうことになるため、必要以上の情報を口にしないように気を付けているのです。

したがって、色々聞いた時にあまり教えてくれない業者は利用しないようにしましょう。

 

表面上分かりにくい悪質業者の例

物腰は柔らかく、声もさわやかであるものの、実際には怪しい業者もあります。

ある大手業者がそうでした。

大手業者だからどのような接客をするか楽しみだと思って電話をすると、

「はい、○○です」

と普通の対応。

「ホームページをみて電話したんですけど、あそこに書いてある通りですか?初めて使うのであまり分からないんですけど」

というと、「書いてある通りで間違いありません」という、これも普通の対応。

次にすべきは色々聞いて怪しい部分がないか確認することです。

怪しいところがあれば、質問を繰り返すうちに必ず尻尾を出します。

私が、

「クレジットカードが複数あるんですけど、クレジットカードによって還元率が違ったりするんですか?(悪質業者の常套手段として、クレジットカードの種類によって「このカードは現金化しにくいから還元率が下がる」などといって還元率を引き下げる詐欺手法がある)」

と聞くと、おかしなことが起こりました。

 

業者「どのカードをお使いの予定ですか?」

「ということは、カードによって還元率が変わるという事ですか?」

業者「いえ、どのカードをお使いか教えていただければそのカードの還元率をお教えします」

「その説明だと、カードごとに還元率が違うんですよね。教えてもらえますか?」

業者「・・・」

「もしカードによって還元率が変わるなら、高いものを使いたいのでそれぞれの還元率を教えて下さい」

業者「・・・・・・」

「もしもし」

業者「はい」

「教えてもらっていいですか?」

業者「・・・業者さんですか?」

「いえ、一利用者ですけど、教えてもらっていいですか?やましいことがなければ教えてくれますよね?」

業者「・・・」

「もしもし」

業者「・・・・・・」

「もしもし」

業者「・・・・・・・・・」

「・・・」

業者「・・・・・・・・・・・・」

 

私は5分くらい、不定期的にもしもしと声を掛けましたが、全く反応がありませんでした。

接客途中で投げ出すとうのも、ビジネスとしては全くあり得ないことです。

このように、表面上はビジネス的な接客をしてくれるのですが、色々聞いていくうちに取り乱す業者もあるので注意が必要です。

 

大手業者の多くはマル

現金化業者接客

どの業者もそのような態度なのか?と一層不安になったかもしれませんが、大丈夫です。

大手業者を利用していけば分かりますが、大手業者はまともな接客をする会社が多いです。

中小業者やよくわからない業者は概ねまともではありません。

大手業者とは、「クレジットカード現金化」というキーワードで検索をした際に、検索結果の上位に表示される業者と考えてよいでしょう。

上記の質問に対して沈黙した業者も上位表示をされる大手業者であるため、大手業者の全てがよいとは断言できませんが、大手業者はまともである傾向が強いという事です。

実際、大手業者にくまなく電話してみて分かりましたが、そこそこの(可もなく不可もない)接客態度であることが多いです。

コールスタッフをキチンと教育している大企業ならば、電話でIR情報などを尋ねると非常に丁寧な対応であり、満足感が非常に大きいのですが、現金化業者ではそのようなことはありません。

しかし、不快になるような対応はしませんし、聞いたことは教えてくれます。

教え方の丁寧さはこちらの質問の細かさに比例するため、スタッフが積極的に丁寧になることはありませんが、こちらが丁寧さを求めれば丁寧な対応を受けることができます。

口調は落ち着いているため利用者の不安が煽られるようなことはありませんし、緊張もしないと思います。

いうなれば、クレジットカード現金化業者の大手のスタッフは、接客の基礎を身に付けていると言っていいでしょう。

応用は身に付けていないため、上記のように大企業のコールスタッフのような質の高さを求めることはできませんが、基礎ができていれば大きな問題は起こりにくいです。

この点において、大手業者では一応は金融業者としての自覚があるといえます。

銀行でも、消費者金融でも、信販会社でも、接客態度は非常に優れたものですが、これは金融関連企業はお金というデリケートなものを取り扱っており、人を不安にさせやすいということを知っているからです。

だからこそ磨かれた接客をするのです。

大手クレジットカード現金化業者でも、多少粗い感じは受けるものの、それなりの接客ができるのはこういう理由からです。

また、クレジットカード現金化業者の利用者は、切羽詰った状況で利用に踏み切ることが多いものです。

どうしてもお金が必要となった結果、よく知らない(時には危なげなイメージがある)クレジットカード現金化という方法しかなく、不安を抱えたまま利用することになります。

つまり、クレジットカード現金化に問い合わせてきた人は、非常に敏感になっているといえます。

そのような利用者に刺激を与えないためには、最低でも不安を煽らない接客が必要となります。

ならばなぜ悪質業者が恫喝するのかといえば、悪質業者は詐欺的行為が本来の目的であるため、まともな対応をして相手を冷静にさせてしまえば逃してしまう可能性が高まるからこそ、恫喝するのです。

恫喝しても逃げる人がいますが、恫喝によって言いなりになってしまう利用者も一定数いるため、そこから搾り取るという手法です。

だからこそ接客対応は重要であり、落ち着いた接客ができる大手業者は安心して利用することができます。

このほか、インターネットの拡散力への配慮も理由に挙げられるでしょう。

最近は、掲示板やSNSによって情報の拡散力は大きく高まっています。

もし悪い接客対応をしてしまえば、SNSなどで情報が共有されて、すさまじい速さで伝播する可能性があります。

悪い口コミが拡散されるときというのは、正義感からの拡散もあれば、興味からの拡散もあれば、ネタ的な拡散もあり、非常に拡散力が強くなるのです。

もっとも、クレジットカード現金化を利用した人は、クレジットカード現金化を利用するほどの経済状態が逼迫していることを人から知られたくないと思うため、あまりSNSで共有されることはありません。

しかし、共有される可能性はゼロではありませんし、もし電話対応を録音されて動画共有サイトにでも投稿されれば、業者としてはやっていくことが難しくなるでしょう。

そのため、大手業者はまともな接客をしています。

一方悪質業者ですが、悪質業者は取り締まりの危険が高まればすぐに店じまいをして別の業者として活動を再開するというスタイルであるため、悪評が広まることを恐れてはいません。

だからこそ、まともな接客はしないのです。

しかし、大手業者は接客態度のせいで大きく育った看板を下ろすような危険は冒しません。

 

大手業者を利用しよう

現金化業者接客

したがって、不安を解消するためには、まずは利用を検索上位に表示される大手業者に絞り込む必要があります。

それさえしっかりしていれば、不安に思う必要はありません。

大手業者の中に紛れ込む悪質業者に電話をかけても、少なくとも恫喝されるようなことはありませんから落ち着いた対応で冷静に判断すればいいでしょう。

それに、大手業者においてはそのような業者は稀です。

本当にすぐに振り込まれるのか、還元率は本当にホームページの通りなのか、最終的には口座にいくら振り込まれるのかなど、不安の原因があればなんでも聞いてみると良いでしょう。

きちんと答えてくれるはずです。

はぐらかすような説明であれば利用は控えてください。

また、悪質業者の見分け方は当サイトの他の記事で詳しく説明しているので、それを参照してもらえればと思います。

最初のコメントをしよう

必須