クレジットカード現金化は専業主婦にもおすすめ

クレジットカード現金化は、非常に手軽にお金を得られる方法として、最近注目をあつめている方法です。

専業主婦でも家族にバレずに利用することができます。

専業主婦の利用者が多いクレジットカード現金化

現金化専業主婦

クレジットカード現金化は、非常に手軽にお金を得られる方法として、最近注目をあつめている方法です。

幅広い人々から利用されるようになっていますが、中でも多いのは給料が低い新社会人、給料をカットされた零細企業のサラリーマン、そして専業主婦です。

最近では高齢者の利用者も増えています。

クレジットカード現金化とは、簡単に言うならば、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得る方法です。

ショッピング枠で商品を買い、それに対してキャッシュバックを受けることによって現金を得ることができます。

当サイトの他の記事でも書いたことですが、これらのうちクレジットカード現金化によるメリットが特に多いのは、高齢者や専業主婦です。

高齢者に関しては他の記事ですでに紹介しているため、ここでは専業主婦に話題を絞りましょう。

お金がどうしても必要になった時、親戚などから借りることができない場合は、多くの人は消費者金融や銀行からの借入を考えるでしょう。

しかし、これらの業者では、借り入れに際して必ず審査を行います。

なぜ審査をするのかといえば、当然ながら貸す人に返済能力があるかどうかを見極めるためです。

s返済能力がなければ貸し倒れとなってしまうため、そのリスクを避けるためにも審査が必ず行われます。

それと同時に、現在すべての貸金業者は総量規制という規制の下に運営されています。

この規制は、業者の貸しすぎと消費者の借りすぎ(つまり破産)を防ぐために設けられている法律であり、年収の3分の1までしか融資できないとするものです。

専業主婦は仕事をしていませんから年収はゼロであり、借入をすることはできないのです。

その点、クレジットカード現金化は安心して利用することができます。

なぜならば、クレジットカード現金化業者は貸金業者ではなく融資を行うわけでもないため、審査は必要ではないのです。

必要なのは身分確認だけであり、現金化をするクレジットカードが本人の物であることを確認したならば、利用することができます。

悪徳業者の存在が不安がられていますが、最近では悪徳業者は少なく、きちんと検索上位の業者や当サイトで紹介している業者を利用すれば悪徳業者に当たることはまずありません。

 

専業主婦にお勧めしたい理由

現金化専業主婦

クレジットカード現金化を利用する専業主婦が増えていると述べましたが、色々な意味で専業主婦にはクレジットカード現金化をお勧めしたいです。

まず、消費者金融などは鼻から専業主婦を受け付けていませんが、クレジットカード現金化業者は専業主婦を歓迎しています。

消費者金融などでお金を借りられなかった人が他に方法を探した結果、クレジットカード現金化にたどり着くことが非常に多いため、業者としては歓迎するのも納得がいきます。

そのため、色々な配慮がなされています。

専業主婦はお気楽だとみられることもありますが、実際には大変な立場です。

夫が安心して仕事ができるように家計をやりくりし、家事をこなし、子育てでも多くの部分を担っています。

色々な苦労がある中でも、家計のやりくりは大変な苦労でしょう。

家計をやりくりしているのはお金のことで夫にかける負担を軽減するためであり、何としてもやりくりしていかなければなりません。

もしお金が足りないとなれば、自分のやりくりが下手であることを認めるか、夫の収入が低いことを不満に思うかのどちらかしかなく、そのどちらも避けようと思うならば何としてでもやりくりしていかなければならないのです。

しかし、そうはいっても思うように家計が回らないこともあるでしょう。

専業主婦がお金を必要とするシーンには色々な物が考えられます。

大抵のことはクレジットカードでなんとかできる世の中ですから、カード決済で済ませられることは済ませてしまいましょう。

しかし、それでもなお現金が必要となるシーンがあります。

例えば、子どもの習い事の月謝はカード決済ができませんし、学校行事に伴う出費も現金でなければなりません。

他にも色々な物が考えられます。

 

生活費全般

最も多いのは生活費です。

これは兼業主婦が消費者金融で借入をした時の使途のデータを見れば顕著に表れます。

兼業主婦の借入状況の中で最も多いのが生活費なのです。

毎日の買い出しなどでは切り詰めている主婦が多いでしょうし、もし足りない場合にもクレジットカード決済でしのぐこともできます。

しかし、クレジットカードが利かない買い物も現実的にありますし、そのようなときには現金が必要となります。

このほか、光熱費などもあらかじめクレジットカード決済にしておけば問題ありませんが、もし払込書での払い込みや振り込みでの支払いをしているならば、現金が必要となります。

また、光熱費の支払いは、それが滞ればライフラインを止められる可能性もあるものですから、遅れることが決して許されない支払です。

このほか、携帯料金も生活費に含んでよいでしょう。

こちらもクレジットカード決済にしておくことができますが、そうしていないならば遅れることはできない支払です。

携帯料金の滞納は信用情報にキズを付けることになるからです。

その後の人生において、ローンを組むなどの信用情報を参考にする取引の際に不利な状況に置かれることになってしまいます。

 

買い物

家計をやりくりする専業主婦とはいえども、たまには買い物をしたいものです。

借金をしたり、クレジットカードを現金化してまで買い物をするのはおかしいという意見もあるでしょう。

たしかに、借金をして買い物をするのはおかしいですが、クレジットカード現金化にはそれは当てはまりません。

なぜならば、クレジットカード現金化はショッピング枠を現金化するものであり、クレジットカードのショッピングへの支払いをしていくことになります。

つまり、多少割高の料金で、クレジットカードでショッピングしたのと同じことなのです。

ブランドショップなどで、クレジットカードでちょっとした贅沢をする主婦は多いでしょう。

クレジットカード現金化でちょっとした贅沢をしたからといって、それ以上に非難されるのはおかしなことです。

 

旅費や交際費

旅費や交際費が必要になるというシーンも考えられますね。

旅行は贅沢と考えられることがありますが、何らかの理由で帰省しなければならないときの出費も旅費です。

この旅費がどうしても用意できないとき、工面するためにクレジットカード現金化を使うのは一つの方法でしょう。

また、帰省に伴って地元の知人と食事に行くこともあるかもしれませんが、その際にもお金はかかります。

帰省が正月であれば、甥や姪にお年玉をあげなければならず、そこでもお金はかかります。

そんなとき、どうしてもお金がなければクレジットカード現金化が頼りになります。

難しく考えたり罪悪感を抱くのではなく、クレジットカードで旅費や交際費、お年玉などを支払っていると考えればよいでしょう。

 

養育費

子どもがいる専業主婦ならば、子どもにはたくさんのお金がかかることでしょう。

まず、食費や被服費です。

子どもは成長に伴ってたくさん食べるようになりますし、体が大きくなれば洋服を買い替える必要があります。

せっかく洋服を買っても、成長が早いならば一年で着られなくなることもあります。

子どもがわんぱくならば、洋服を汚したり破ったりすることもあり、それに伴う出費もあります。

子どもが大きくなれば、教育費が掛かります。

学校に支払うお金がかかりますし、受験を控えている子どもならば塾や参考書などにもお金がかかるでしょう。

私立高校に進学すれば効率に比べて高くなりますし、大学ではもっと多くのお金が必要となります。

しかし、これらの費用はその他の生活費と比べれると切り詰めることができないものであり、足りなくなればクレジットカード現金化によって工面するということも十分に考えられます。

このようなお金が必要となるとき、消費者金融で借りられないとなれば、クレジットカード現金化以外にお金を作る手段はありません。

この意味において、クレジットカード現金化は主婦の強い味方であるといえます。

なにしろ不景気な時代ですから、毎月1万円が足りないという専業主婦も多いと思います。

節約を重ね、したいこともせずに家計を切り詰めて、それでもなお1万円がたりないということがあるのです。

そのようなとき、クレジットカード現金化を使えば1万円くらいならば簡単に作ることができます。

普通の買い物とは変わらない条件で現金を手にすることができ、もしどうしてもまとまったお金が必要になったとしても、ショッピング枠に空きさえあれば用意することができます。

 

夫にばれにくくするコツ

現金化専業主婦

もっとも、何の心配もなく気軽に使えるかというと完全にそうとも言えず、多少の配慮も必要となります。

専業主婦は家族カードを使っているケースが多いのですが、家族カードは夫に利用明細を見られる可能性が高いため、キャッシング履歴があれば問い詰められる可能性も高いのです。

ならばショッピングをした時もそうではないのかと思う事でしょう。

クレジットカード現金化したと言え、まだまだクレジットカード現金化は“いかがわしい”というイメージも強いため、怒られてしまうありそうです。

しかし、実際にはこのような危険は低いものです。

なぜならば、ショッピングによる買い物はそれほど心理的な痛みがないからです。

キャッシングであれば分割が利かないケースも多いため心理的な痛みは大きなものとなりますが、ショッピングでは支払いを先送りできるだけではなく、分割することによってさらに痛みを軽減することができます。

分割回数を多めに設定して置き、月々の支払額を小さくしていれば全体の請求に与える影響は小さくなり、夫に気づかれないか、もしくは気づかれてもそれほど気分を害しない可能性が高いといえます。

夫にばれる機会として、もう一つ考えられるのは商品が自宅に郵送されることによってばれるというケースです。

夫が夜まで働いている家庭ではばれる可能性は低くなりますが、それでも休日に届くなどしてばれる懸念があります。

しかし、これも工夫によって回避することができます。

商品をコンビニや郵便局に留め置きしておけばよいのです。

そうして自宅には届かないようにしておき、ばれないタイミングで受け取れば安心です。

そればかりではなく、コンビニは24時間営業であるため、大抵の専業主婦が無理なく受け取りに行けることでしょう。

ちなみに、商品を留め置きする際には、商品預かり期間があることに注意してください。

郵便局に留め置きする場合、商品を郵便局で保管する期間が定められており、それを過ぎると送り主の元に送り返されてしまいます。

この場合、再送が行われれば再送手数料がかかる可能性があります。

中には、あえて送り返してもらうことによって受け取らないようにしておこうと思う人もいるかもしれませんが、クレジットカード決済してその商品を購入している以上、クレジットカード会社に所有権があるその商品をあなたが保有する必要があります。

それを放棄してしまえば、クレジットカード現金化業者との契約違反、またクレジットカード会社の規約違反になってしまいます。

そのことによって重大なマイナスが生じる可能性は低いですが、できるだけ問題行為は慎んだほうが賢明でしょう。

 

クレジットカード現金化業者を選ぶコツ

現金化専業主婦

クレジットカード現金化を選ぶコツとして、まず大前提として悪徳業者を避ける必要があります。

このことは、当サイトの記事で詳しく解説しているものがあるので、そちらを参考にしてもらえればと思います。

専業主婦がクレジットカード現金化を利用する時、業者選びの際に是非お教えしたいのは、業者の中には女性を優遇している業者があるという事です。

多くの業者は男女の別なく一律の還元率を設定しているものですが、業者によっては女性専用コースを設けており、女性が利用した場合には還元率がいくらか上がる業者もあります。

クレジットカード現金化を利用する人の多くは、少しでも受け取れる現金を多くするために複数の業者を比較して還元率が高い業者を選ぶものです。

専業主婦の方も、ぜひ女性専用プランがある業者を探してみてください。

また、普段はそのようなプランを設けていない業者でも、キャンペーンとして期間限定で女性向けの還元率を設定することもあります。

最初のコメントをしよう

必須